八ヶ岳南麓は楽しみが一杯♪

清里と小淵沢は車で30分!白州のウィスキー工場もひとっ飛び!

何処までも続く深いブルーの宙
懐の深い翠の杜
大小様々な命の気配が漂う八ヶ岳南麓は
小淵沢、甲斐小泉、甲斐大泉、清里、野辺山と広がっています。
この素敵なエリアは大自然・文化芸術・体験とお楽しみ・見所楽しみが

清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!ホームページトップページでご紹介している
旅情報をこちらに再録しました

次の季節にご予定をお考えでしたらこちらから過去の旅情報を
ご利用ください


清里旅情報

 清里の旅がよりいっそう良い旅となるように旅のご準備をお楽しみ頂いていることと思います。ほんのささやかな情報ですがいくつかお役に立てればと清里旅情報をお送りいたします。


《 春の清里の気候 》

空気の綺麗な高原らしく晴天の日差しは強くお帽子などは必需品です。
5月の気温は下旬になれば20℃を軽く超えますが
初旬の最低気温は0度近く迄下がることもあります。

朝夕はまだ薪ストーブが活躍する季節です。朝夕のお散歩の時
夜の団欒の時など暖かいお召しものがあるとよろしいですよ。

清里の春はゴールデンウィークに帰ってきます。
若葉が芽吹き始め牧草地も緑一色になってきます。


《 夏の清里の気候 》

空気の綺麗な高原らしく晴天の日差しは強くお帽子などは必需品です
ただしひとたび日陰に入ればひんやりと爽やかな空気に包まれます
7,8月の気温は最高で29℃ほど最低気温はだいたい20℃ほどですが
日によってはそれを下回り、過去のデータを見ると場合によっては
15℃を下回る最低気温を記録したこともあるようです。
朝夕のお散歩の時、夜の団欒の時など薄いものでも羽織るものがあるとよろしいですよ。
当宿にはもちろんエアコンというものがありません。
夏のうち何日かは扇風機のお世話になることもあります。


《 秋の清里の気候 》
十月の清里は秋真っ盛り。昼の最高気温は22℃、
最低気温はマイナス2℃を記録したことがあるようです。
やはり十月下旬はそのくらいの寒さ対策をなさって下さい。
旅人の皆様のお部屋はFF式ファンヒーターと羽毛掛け布団を
ご用意しておりますのでぬくぬくとおやすみください。


《 冬の清里 》
清里の冬は気温は低くとも雪深くなることはありません。
とは言っても清里の住人は11月末には冬用タイヤに履き替えます。
主要道路は融雪剤が撒かれるので日中はノーマルタイヤで走れますが
枝道に入ると雪は融けずに凍っていることが多く万全の装備が必要になります。
しかし雪の季節は白銀の世界が広がり
空気は澄み山々は手に取るように近くに見えます。

   《 1・2月の清里の気候 》
1・2月の清里は昼の最高気温は6℃位、最低気温はマイナス20℃を記録したことが過去にあるようです。やはり寒さ対策をなさって下さい。旅人の皆様のお部屋はFF式ファンヒーターと羽毛掛け布団をご用意しておりますのでぬくぬくと御やすみください。ダイニングルームには薪ストーブ、優しい暖かさの中でお食事を召し上がりいただきます。

   《 3月の清里の気候 》

3月の清里(標高1130m付近)は昼の最高気温は15℃位、最低気温はマイナス10℃を記録したことが過去にあるようです。やはりまだまだ3月は寒さ対策をなさって下さい。旅人の皆様のお部屋はFF式ファンヒーターと羽毛掛け布団をご用意しておりますのでぬくぬくと御やすみください。ダイニングルームには薪ストーブ、優しい暖かさの中でお食事を召し上がりいただきます。



《 清里のお楽しみ 》

その1 清里観光といえば清泉寮 !

 清泉寮といえばソフトクリームが定番ですね。真冬のソフトクリームショップのテラスでソフトクリームを美味しそうに召し上がっている旅人もいらっしゃるくらいです。でもそれだけではありません。清泉寮を運営するキープ協会はその他にもパン工房、ファームショップでのショッピング、さらに自然を大切にするキープ協会は県立八ケ岳自然ふれあいセンターの運営をおこなっています。清泉寮の向かいに有りますのでその奥にある「やまねミュージアム」と共に是非お立ち寄りを。下のキープ協会のホームページから全てチェックできます。


その2 清里といえば星野道夫

みなさん、星野道夫を知っていますか?
アラスカに移住して自然との触れ合いを写真をそして文章を通して同じ時間空間にいる我々に
メッセージを伝え続けてくれていた彼が取材旅行中のカムチャツカでヒグマに襲われ
亡くなったのが15年前の1996年8/8でした。


2006年7月、2007年1月にはNHKで「星のような物語」が放送されたので
ご覧になった方もいらっしゃることと思います。
星野さんがたどった撮影地被写体を取材しながらたどり直す
という番組でした。同様のDVDvideoも発売されています。


なぜこの話題をお伝えしているかというと
それは生前彼が清里に大変縁が深く、学生時代清里牧場通りの谷口牧場で
アルバイトをやっていてその時の様々な出来事などから
一度しかない人生・自分のやりたいことをやって生きてゆこう
と、アラスカへ移り住む決心をしたことや
彼が亡くなった三ヶ月前の1996年の5月、日本で最後の講演会が
清泉寮の向かい「八ケ岳自然ふれあいセンター」で行われたことなどからです。


このように清里に縁が深かった星野さんを題材にNHK甲府放送局で番組が製作されました。


「好きなことならきっと」〜星野道夫 夢の力〜 
没後10年を経てなお、写真家・星野道夫の残した足跡は人々の中に生き続ける。
星野の生き方をたどるとともに、
彼と出会ったことで自分の夢を追う決心をした三人を描く。

アラスカの極北の自然を撮りつづけた写真家・星野道夫。
没後10年を経た今も、彼の残した足跡は多くの人々に影響を与えつづけている。
憧れや夢を持ちつづけることの尊さ。
遠く離れた場所の営みに思いをはせることの大切さ。
人生のどこかで星野道夫と出会い、それぞれの場所とやり方で夢を追いつづける人たちを描く。
という内容です。

「決心をした三人」のうちの一人として取材され
ヒュッテ・グーテライゼ!が取材され登場しています。

2006年11/10山梨県内で放送されたのですが
2006年12月9日(土)  10:30a.m.〜11:00a.m.
NHK総合チャンネル「ネットワーク54」の枠の中で全国放送されました!
※残念ながら東海・北陸地方など一部放送されない地域がありましたが・・・
(愛知・静岡・岐阜・三重・石川・富山・福井・香川)

さらにNHK国際放送でも放映され遠くアメリカ・オレゴンから
ご覧になった方からメールをいただき感激いたしました。


また2009年3月にも星野道夫さんの番組が放送されました。

(星野道夫公式ホームページより)

NHKのテレビ番組「知るを楽しむ」。
この番組の3月火曜日放送分で星野道夫が紹介されます。
第1回は今森光彦さん、第2回は湯川豊さん、第3回は星野直子
第4回は池澤夏樹さんが星野道夫について語ります。
【番組名】
NHK教育テレビ 知るを楽しむ 私のこだわり人物伝
星野道夫 生命へのまなざし

【放送日】
第1回 2009年3月3日(火)午後10時25分〜10時50分
第2回 2009年3月10日(火)午後10時25分〜10時50分
第3回 2009年3月17日(火)午後10時25分〜10時50分
第4回 2009年3月24日(火)午後10時25分〜10時50分
*各回とも翌週の早朝に再放送があります。
番組ホームページ:「知るを楽しむ」で検索してください
なお、NHK出版より同番組のテキストが2009年1月25日に発売されます。
書名:NHK知るを楽しむ 私のこだわり人物伝 2009年2月3月火曜日放映分
(2月放映分の小篠綾子さんと同じ号となっています)
価格:683円(税込)
ISBN:978-4-14-189513-8

今回第3回の星野直子さんが星野道夫さんを語るインタビュー場所に
拙宿ダイニングの薪ストーブの前が使われました
直子さんの優しい語り口から聞こえる星野道夫像は アラスカの自然のようにピュアでした。



星野道夫の自然とのふれあい方、植物への視点、自然の中での人との繋がりなど、彼の人生を通して八ケ岳の自然とよりいっそう近づけたらいいですね。勿論ヒュッテ・グーテライゼ ! には私にとって人生の師匠でもある星野道夫の本や写真集が沢山あります。昼間は八ケ岳の自然とふれあい、夜は宿で星野道夫のとても優しい文章や写真を彼の友人宮本満枝さんのこれまた優しいピアノの調べとともに静かにお楽しみいただくのもいいですよ。

まだまだ清里高原の旅は楽しみが一杯 !

それでは良い旅を! Gute Reise !




過去の「最新情報」を下の方に保存してあります

ご参考になりましたらご利用下さい



それでは、今度の旅が良い旅でありますように


ヒュッテ・グーテライゼ!オンライン予約はこちらから

ヒュッテ・グーテライゼ ! は旅人を応援致します


【 宿のご案内 】

【 お食事のご紹介「美味しい頁」へ 】

【 清里お楽しみ情報コーナーへ 】

【 JR叉は自家用車でのアクセスへ 】

【映像版「清里の杜より」ポートフォリオ&スライドショーへ】

【 メルマガ「 清里の杜より 」再録コーナーへ 】



なかなか更新がままなりませんがお時間がありましたら宿主のブログをご覧下さい

【 清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!Facebookページへ 】

【 清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!Facebook連動用Blogへ 】

【 新・ブログ「
筆無精宿主の独り言」へ 】

【 旧・ブログ「 Gute Reise ! の杜から独り言 」へ 】


お問い合わせ、旅のご予定のご連絡は

407-0301 山梨県北杜市高根町清里3545番地1634
清里高原ヒュッテ・グーテライゼ


三井恒夫

tel 0551-48-3828

fax  045-330-6730


叉はEメールにてご請求下さい。

info*gutereise-kiyosato.com

(上記メールアドレスinfoとgutereiseの間の*を@に入れ替えてご利用下さい)










【 過去の旅情報 】

これより先は過去の旅情報です
情報は現在有効では有りません

清里への旅の企ての際過去の季節情報として
ご活用下さい




▼清里高原の移動はエコなピクニックバスで
2011年は4/29より清里エリアを巡回する清里ピクニックバスの
本年の運行が始まりました

昨年から停留所の名称が目的の観光施設名に変更になりました
例えば「天女山入口」は「八ケ岳倶楽部」に
拙宿の直近停留所「牧場通り南」が「黒井健絵本ハウス」
などに変更となりました

清里観光振興会ホームページに時刻表などが発表されています
JRなどでお越しの方は一日周遊券(大人一日乗り放題600円)が便利です
バス車内では販売していませんので
清里バス乗り場事務所などでお求めください
拙宿でも前売り周遊券を販売いたします







【高原のお野菜は真っ盛り♪】

夏休みも後半に入りましたね
いい夏休みをお過ごしになりましたか?

もっともわたくしなどのようにサービス業に携わっている方々は
夏休みはこれからですものね・・・

えっ?まだ夏休みが取れていない?それはたいへん!
お子様達との夏の思い出作り、急がなきゃ・・・

拙宿の今年の夏は例年以上にお子様連れのご家族の旅人で賑やかです
今年の風潮、家族の絆、の影響も多分にあるのでしょうか

みなさん動物とふれ合ったり、乳搾りを怖々〜「ボクできたヨ!」って
宿主に報告してくれたり
ポニーや大きなお馬に乗って騎士気分のボク
渓谷のせせらぎミスと一杯の吐龍の滝でぴちゃぴちゃ水遊び
川俣川渓流釣場では「釣れたよ〜!」さて、その虹鱒はすぐにバーベキュー



みなさん夏の家族の思い出作りはお腹一杯になりましたか?





お腹一杯と言えば
いつもお出しする量が多くてご迷惑をおかけしている
ヒュッテ・グーテライゼ!のお野菜料理
今が高原野菜の真っ盛り♪


黄色のズッキーニ、まん丸ズッキーニ
ズッキーニの豊富さは都会では出会えないものです





高原と言えばとうもろこし
拙宿のお野菜スープはブイヨンなどあえて使わず
お野菜の滋養旨味をお楽しみいただきます
甘いですよ〜





色とりどりのトマト
二年がかりで縁がある農家の方にイタリアのトマトの種を渡して
作ってもらっています
課題は畑に採りに行く暇がない・・・
タイミングが合えば見たこともない形・色のイタリアントマトに出会えるかもしれません
同じ畑で採れた四種類のバジルは飾ったりジェノバソースになったり





なにより宿主自身が美味しくって美味しくって、つまみ食いが止まらない・・・


高原のお野菜は美人薄命、9月いっぱいが盛りです


爽やかな高原の宴には爽やかハートランド樽生ビールを!
え?ハートランドの生がある!って
チェックイン早々ビアサーバーに目が釘付けの旅人も♪
宿主も自宅で蛇口からハートランドが出てくる幸せに浸っています・・・




9月はサービス業の方々、8月に夏休みが取れなかった忙しいパパ達で清里は賑わいます
ご予約はお早めにどうぞ











【やまねの架け橋 】
 
「やまね」ってご存じですか?
やまねミュージアムホームページを参照しました)


体長8cm 平均体重18g 1本の黒い線 フサフサのしっぽ かぎづめ

ぼくは、やまねのヤマネン

リス君やネズミちゃんたちと似ているけれど、彼らとは違う仲間だよ
日本には数百万年前(人が誕生するより前)から棲んでいて
生きた化石とも呼ばれているんだ

僕たちは貴重ないきものらしいので、天然記念物に指定されているよ
世界には26種類、日本には7種類のやまねがいると言われているんだ

ぼくは甘いものが大好き!花や果実、蜜(みつ)を食べるんだ
トンボやガ、カマキリなどの昆虫も大好物だよ

ぼくは寒い地方では秋から春まで半年もの間、
落ち葉や枯れた木の穴の中で身体をまんまるくして眠る寝坊助なんだ
だから山で寝る、山寝る、やまねって名前になったんだ
冬眠中なんと体温を0℃近くまで下げて動かないんだ

ぼくは小さくて軽いので、木の先の細い枝でも逆さまになって
スケートをするようにスルスルと走り回るんだよ

やまねを守ることは、森を守ること、人を守ることなんだよ
ぼくたちのなかまは、最近その数が減ってきていんだ
なかまたちが生きていくために必要な森が少なくなってきているからだよ

しかも人間は新しい道路が大好きみたいで
清里にもすっごい道路を造ろうと企んだ人たちがいてさ
そんなことしたら親戚やまねに会えに行けないじゃん!
友達やまねとも遊べないじゃん
あ、パパ、ママやまねとも離ればなれになっちゃう!!
「助けてぇ!」

そんな声を聞いてくれたのか、ぼくたちと人が一緒に生きていけるために
やまねミュージアムの湊先生達と建設業者(けんせつぎょうしゃ)の人たちが協力して
「やまねブリッジ」を考え、建ててくれたんだ!





でっかい道路はできちゃったけれどこれで親戚にも会えに行けるし
友達とも遊べるし、なんといってもパパ、ママと離ればなれにならなくて
よかった・・・のかな?
でも、人間のお家が建ってしまう程お金がかかるそうです
葉っぱでよかったら仲間達と募金するんだけどなあ〜

でも安心!湊先生達はもっと手軽に日本中の仲間達のために
あまり葉っぱ、じゃなかったお金がかからないやまねブリッジを考えてくれたんだ


これなら安心!日本中に沢山架けてね




清里にはたくさんの動植物が大自然の世界を保ってくれています
やまねはその中でも代表的なやまねには物語があります
そんなやまねを紹介してくれている「やまねミュージアム」
ゴールデンウィークには画期的なイベントが!!
やまねミュージアムといっても普段は実物を見ることは出来ないのですが
「ナイトやまねミュージアム」として
夜行性のやまねが活動する夜に開館したのです!
拙宿のゲストも夕食もいそいそとおすましになり、ナイトやまねミュージアムへ
さすが夜行性、ガラスケースの中をちょろちょろとすばしっこく走り回っていたとか
ゴールデンウィーク限定だったようですが夏にもやってくれるといいですね









冬の清里を楽しみましょう♪




【 さあ!楽しい冬遊びの始まりだあい!♪ 】




八ヶ岳の冬遊びといったらやっぱスノーシュー!



あのランドネでもおなじみ、素敵な自然ガイド・インタープリター
ひといき荘アウトドアサービス」と提携したので
より良い旅のお手伝いが充実しました



ひといき荘アウトドアサービス」とはこんなお楽しみを提供していますよ




雪上ランチ風景見ましたか?
お洒落でしょ〜食べたいでしょ〜
この日のランチはクリームシチューのようですね
他にもチーズフォンデュが登場したり
夏のカヤックツアーでは野外料理の定番
チリコンカン!だったそうでカヤックツアー参加のご家族大喜び♪



スノーシューツアー参加ご希望の方は
拙宿ご予約ののちお送りするご予約承りメールにお返事をいただく形で
参加希望の旨ご希望をお知らせ下さい
その後メールにて様々ご案内ご手配いたします

特別特典がご用意できるわけでも拙宿も手数料などいただいておりませんので
ひといき荘アウトドアサービス」から直接ツアーを
ご予約していただいても大丈夫です

その際「清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!」で見た、に泊まるのだ
と付け加えて下さいね
送迎など実情にあったご案内がもらえますよ

スノーシューは拙宿で無料貸し出しできます必ず事前にご予定をお知らせ下さい
装備はいろいろ必要ですのでよろしくお願いしますね









さて冬の杜は静かでまわりが真っ白ですといろいろ発見があります
ある冬の日杜の妖精に出会いました



小さな小さなこの妖精は白樺の種子のようですが
真っ白な雪の表面に沢山のクリオネがいるようで
可愛かったですよ
こんな可愛いオブジェを創りだす神様は凄いですね








冬の清里のお楽しみ


冬の清里は白い世界・寒さを味方にする楽しみが一杯♪


車での冬の旅は雪・氷が心配ですよね

例年は年が明けて積雪が見られますが
主要道路は融雪剤がまかれるのでどろどろべちゃべちゃですが運転は楽です
しかし1〜2月は根雪が凍るので枝道はお気をつけ下さい
清里エリアは標高差が大きくヒュッテ・グーテライゼ!は標高1130m
清里駅は同1250m、清泉寮は同約1400m
なので冬はヒュッテ・グーテライゼ!で雨、小海線の踏み切りでみぞれ
清泉寮で吹雪なんてこともあります
冬の備えは充分に。タイヤチェーンのご準備をお願いしますね

JRで近くまで来てレンタカーも便利
小淵沢駅のレンタカーなら冬はスタッドレスタイヤ標準装備・安心です




うちのチビ助のマイファーストスキーは
八ヶ岳だぁい♪





清里近くの二カ所のスキー場はチビッコゲレンデもあるご家族向けです 
この時季拙宿のゲストの半分以上はマイファーストスキーなど
ちびっ子スキーヤーのご家族連れです
昼間はちびっ子のスキー上達をサポート
夜は薪ストーブの暖かさの中夫婦が楽しめる
お野菜でお腹一杯の宿でごゆっくりお過ごしください

ちびっ子スキー教室も充実している清里周辺スキー場は次の二つです。

サンメドウズ清里スキー場 
清里から一番近いスキー場です
標高が高いのでパウダースノーが特徴とのことです
1〜2月は今時珍しくスノボ滑走不可です。

シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳
清里のとなり野辺山のスキー場です
お菓子で有名なシャトレーゼが経営しているので
もちろんカフェはケーキ三昧です
スノボ滑走可能ですよ

1日券をお持ちの方は当日中の小海リエックス・スキーバレー
午後券と無料で交換できます!(逆も可)



どちらもリフト券付きスキーパックプランをご用意しています
事前にお問い合わせください







【 私を清里に連れてって 】



今から二十年ほど前、冬は皆スキーにいそしんでいたものです
金曜の夜の新宿駅周辺はスキーバスで一杯
自分のバスを探すのに一苦労
宿主はその当時三十代半ば、会社の仲間と冬遊びに行くのもスキーでした
当時学生だった方々もスキーにスノボで冬を楽しんでいましたよね

あれから二十年スキーをやる方はビックリするほど減ってしまい
寂しいものです

でもそんななか当時二十代前半学生世代だった方々は就職結婚
そして子育てに追われる日々だったことでしょう

そんな時「あ、うちのチビ達も雪遊びデビューさせなきゃ!」と。
でも自分たちが昔ブイブイ滑りまくった白馬志賀まで
この子達連れて行けないしナァ・・・

そうだ、近くだったらチビ達もぐずらないし、え〜と、
ここらだったら近いからいいか
キッズゲレンデもあるし、キッズスクールもあるし、
よし、ポチッポチッと

泊まりはというと・・・
そういえばしばらく夫婦で旅を楽しんでないなあ〜
夜は夫婦で戴き!
よっしゃあ、では寛げそうで美味しそうな宿はっと、
お、ここだ、ポチッポチッと

日経にも今のトレンドと言うことで
二年続けてこんな動きが取り上げられていました

そして探し当てていただいた宿、清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!
冬はちびっ子スキーヤーで賑やかです
久々に「私をスキーに連れてって」と、お子さんと一緒にパパに頼みませんか?

冬は地産のお野菜というわけにはなかなかゆきませんが
あいかわらずお野菜料理でお腹一杯!で楽しんでくださいねぇ〜







【 清里の大自然を      
楽しむなら、まずここ! 】



八ヶ岳自然ふれあいセンター自然体験プログラム

八ヶ岳の素晴しさは、その自然の豊富さにあります
自然ふれあいセンターで自然の情報を得てのんびりくつろがれたら
生命の満ちあふれた八ヶ岳の自然の中に飛び込んでみませんか?
 レンジャー(自然解説指導員)が
あなたのハイキング、自然観察などの計画作りのお手伝いをいたします
どうぞ、レンジャーにご相談下さい。


宿主イチオシお薦めはここのガイドツアー

標高1400mに位置する清里高原には、豊かな森が広がっています。
清里に来たからには、ぜひ大自然の中で過ごしてみませんか?

清里の自然を守るレンジャー(自然案内人)が、周辺の自然をご案内します

冬場は30分のショートバージョンのため、寒さが不安な方にもオススメです

冬休み中・毎週土日に行われます




以前雪の中宿主もガイドツアーに参加しました
楽しかったですよ〜

冬の間お休みしてしまう施設が多い中
八ケ岳自然ふれあいセンターは要チェックです






さあ、雪遊びの後のお昼ご飯は温かいものがいいね♪

寒いほどお得フェア


清里及び北杜市・長野県富士見町・原村の
約100の施設が参加する割引サービスです
各店舗の指定メニューが当日午前10時の清里駅前の気温が
+5℃以下なら 10%OFF
0℃以下なら 30%OFF
-5℃以下なら 50%OFF
になります(予定)


期間は 2013年 2月1日(金)〜2月28日(木)




こちらのページも是非ご覧ください









【終了しました】
・・・冬の高原なんて、スキーもやらないし楽しみなんて・・・
と、思っている方々へ画期的なプログラムが開催されます!!


冬をみる目がかわる10の方法
〜冬の自然を10倍楽しむ・楽しませる人になる講座〜



「冬は寒いから・・・」「花も緑もないし・・・」
冬って、何だか縮こまってしまう季節ですね。
でも、冬だからこその楽しみが、自然の中にはいっぱいあります。
「冬を見る目がかわる10の方法」をテーマに冬の自然を思いっきり満喫します
同じ世界をみていても、見えるものが変わってくると楽しさ倍増です
そして、その楽しさを、身近な人と分かち合って
さらに 楽しいの輪を広げていきませんか
自然体験活動推進協議会(CONE)学校支援リーダーの資格も取得できます


八ケ岳自然ふれあいセンターも運営しているキープ協会が主催します

二日間の内容を二回のプログラムです
12月は開催日が過ぎましたが2012年1月〜2月にも開催されます

前半:2012年1/27〜28 一泊二日
後半:2012年2/13 日帰り

宿泊も2食付きなんと7,500円!!
(ただし清泉寮ではなく合宿向け施設です)

泊まりがけなので拙宿の宣伝にはまるでなりません
しかも宿主この一・二月の開催に参加するので
清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!はお休みです〜

ほんとは冬に観光客が来ない来ないと泣き言ばかり言っている
地元の宿泊施設の経営者が受けるべきなのですが・・・








清里の杜より【 雪の妖精達に出会う旅 】【2010年12月19日】


今年の夏の暑さは皆さん堪えたことこの上なかったですね〜
涼しいはずの高原、清里も蒸し暑い日が続き
ここに生まれ育った友人が怒っていました!
「私が生まれ育った清里じゃない!」って

そんな夏も今となっては懐かしい思い出となり、さらに時が経ち
例年以上に綺麗な黄葉が懐かしい思い出さえも葬り去りました

そして八ヶ岳南麓にも冬将軍がおっとり刀で訪れました
もしかして冬将軍の影?・・・




山々は八ヶ岳ブルーの青空に浮かび上がり












キープ農場搾乳体験
開催日:2011年1月8日〜3月27日までの土日祝祭日
場所 : キープ農場
内容 : 搾乳体験 + 施設案内
時間 : ・11:30〜12:30
・12:40〜13:40
・13:50〜14:50
所要時間 : 約1時間
料金 : お1人さま 500円
受付 : 体験参加には ご予約が必要です。
1名さまからでもOKです。
ご予約は → キープ・ファームショップ 0551-48-4888
備考 : 清里の冬は寒いので 温かい服装でお越しください。






 
【春夏・主一押し高原のお楽しみ】

▼ランドネでおなじみ自然を楽しむなら
「ひといき荘アウトドアサービス」

「うわ〜い♪ここ山奥の湖なんだぜ!」



ヒュッテ・グーテライゼ!いちおしアウトドアの楽しみはここのガイドツアー!
山ガールたち御用達・ランドネに紹介されたスノーシューツアーで冬は毎週末満員!
この冬も拙宿ゲスト大興奮でお帰りでした♪

そのひといき荘のGreenシーズンのお楽しみは山カヤック♪
ひといき荘のホームページより



海や川と違って、流れの殆どない湖面を自由に漕ぎます
むしろ漕がずにカヤックで寝てしまってもOK!



湖上でお出しする飲み物や軽食のほか
ランチタイムには、湖畔でガイドお手製の昼食をご馳走させていただきます
湖上でコーヒーを飲みながら
お気に入りの本を持参してしばし読書に耽るのも良いかも




単に浮かぶだけじゃぁもったいない、単に知るだけでもツマラナイ
湖にまつわる話から、湖畔のトレッキングやツアー
前後の観光ツアー等、ご要望に応じていろんなプランをお作りします


山カヤックは拙宿からご紹介もできますし

ひといき荘ホームページから直接ご予約されても同じです
その時は「グーテライゼに泊まるのだ」と付け加えていただけると
「うぉ〜そうでしたか〜」と喜んでいただけるかも・・・








清里の杜より【 杜は水を蓄え 】【2010年7月7日】


「樹水」って聞き慣れない言葉だと思います
勿論宿主が勝手に付けた名称ですもの・・
屋久島ではこの名前のミネラルウォーターを販売しているようですが・・・
何故今「樹水」?
以前・梅雨の晴れ間の見事に朝日の綺麗な朝が来ました
宿主はウキウキとカメラを持って飛び出たのでした
宿の前の牧場通りを山に向かって走り始めたところ
東側の杜がきらきらキラキラ輝いています。

何だろ?




で、標高1500mまで来て近くの落葉松の杜へ入り込んだら
落葉松の枝葉全てに大量の水が蓄えられていたのです

前の晩の雨雫を大事そうに蓄えていたのです

冬、木樹に雪が固着して樹氷になるように
雨雫が木樹全体を覆っていたのです
それが朝日に輝き水晶でできた杜のようです

きっと落葉松達は喉が渇いていたのでしょうね
今頃もごくっ、ゴクッごくりと美味しそうに呑っているのでしょうね

杜にとって大切な梅雨
この時季にたくさんたくさん天の恵みを美味しそうに呑み
大地と樹にたくさん大切な水を蓄えているのです

機会があったら杜の朝、大木に抱きついてみてください
もしかしたら大地から美味しい水を吸い上げるごくっごくっゴクンと
樹の喉を鳴らす音が聞こえるかもしれませんよ








【 ヒュッテ・グーテライゼ!の最新情報 】


【 ちびっ子雪遊び 】

【 2010年1月28日(木) 】

清里は静かな静かな冬まっただ中です
先週の暖かさで雪もほとんど溶けてしまいました
「しまいました」なんて、それほど白い世界は全てを包み込んで綺麗なのです

まるで筆無精の宿主のブログ何ヶ月分もまとめてアップしました
お時間ある時にご覧いただけると嬉しいです



静かな清里も週末は雪遊びを楽しむちびっ子連れファミリーで
ヒュッテ・グーテライゼ!は賑やかです
1月中旬にお泊まりいただいたご家族揃って清里大喜び♪
この季節に二組の方がお客様の声に楽しい時間を紹介してくださいました


こちらこそありがとうございました



「あ、うちのちびまだ雪遊びさせてなかったかな?」
「そろそろうちのもリフト乗れそうだしな、いきなり上まで連れてっちゃおうかな」
なんてお楽しみを是非どうぞ

二月いっぱい清里では「寒いほどお得フェア」をやっています
こちらも50%狙いでうちのお泊まりを夕食なしにして
「よし、あのレストラン狙おうか?」なんて楽しみも
でもうちの夕食、お野菜料理でお腹一杯!ですよ〜迷う〜









【 私を清里に連れてって 】

【 2010年1月15日 】

今から二十年ほど前、冬は皆スキーにいそしんでいたものです
金曜の夜の新宿駅周辺はスキーバスで一杯
自分のバスを探すのに一苦労
宿主はその当時三十代半ば、会社の仲間と冬遊びに行くのもスキーでした
当時学生だった方々もスキーにスノボで冬を楽しんでいましたよね

あれから二十年スキーをやる方はビックリするほど減ってしまい
寂しいものです

でもそんななか当時二十代前半学生世代だった方々は就職結婚
そして子育てに追われる日々だったことでしょう

そんな時「あ、うちのチビ達も雪遊びデビューさせなきゃ!」と。
でも自分たちが昔ブイブイ滑りまくった白馬志賀まで
この子達連れて行けないしナァ・・・

そうだ、近くだったらチビ達もぐずらないし、え〜と、
ここらだったら近いからいいか
キッズゲレンデもあるし、キッズスクールもあるし、
よし、ポチッポチッと

泊まりはというと・・・
そういえばしばらく夫婦で旅を楽しんでないなあ〜
夜は夫婦で戴き!
よっしゃあ、では寛げそうで美味しそうな宿はっと、
お、ここだ、ポチッポチッと

日経にも今のトレンドと言うことで
二年続けてこんな動きが取り上げられていました

そして探し当てていただいた宿、清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!
冬はちびっ子スキーヤーで賑やかです
久々に「私をスキーに連れてって」と、お子さんと一緒にパパに頼みませんか?

冬は地産のお野菜というわけにはなかなかゆきませんが
あいかわらずお野菜料理でお腹一杯!で楽しんでくださいねぇ〜



ヒュッテ・グーテライゼ!オンライン予約はこちらから



宿主本業のお話を
「楽天トラベル・泊まって良かった・お客様が選んだ人気の宿」
に掲載されました




楽天トラベル・ヒュッテ・グーテライゼ!の紹介頁
大幅改訂しました
館内・お食事のこと・お部屋の紹介・ルートアクセスと
よりわかりやすくなったと思います

オリジナルホームページも追って改訂しますので
もうしばらくお待ちくださいね
それまで楽天トラベルの紹介頁も是非ご参照ください



ブログ「筆無精宿主の独り言」も少しずつ書き込みますので
時々覗きに来てくださいね



▼ 甲府〜小淵沢間に蒸気機関車が走ります

二年前甲府〜山梨市間で走ったD51-498号機が大修繕を経て
又山梨の中央線に戻ってきます。
今年2010年5月29日(土)、5月30日(日)、
6月5日(土)、6月6日(日)の四日間だけですが・・・

運転ダイヤは各日1往復  <停車駅:竜王、日野春>
【下り】甲府 (10:02発)⇒小淵沢(11:33着)
【上り】小淵沢(14:22発)⇒甲府 (16:17着)

下りはD51が先頭、客車四両
最後尾にDE10(DL・ディーゼル機関車)がつきます

甲府にも小淵沢にも転車台がないため
機関車の方向を変えることができません
【上り】はDE10が先頭にD51が逆向きで最後尾で
引っ張られる形になってしまいます

とくに韮崎〜小淵沢はその昔急坂の難所になっていたところです
乗っても、見ていても写しても楽しいイベントになりそうですね
貴重な座席指定券は瞬間売り切れてしまうと思います
乗りたい!という方は情報にご注意を



▼ 土日祝日地方高速道路1000円走り放題
旅するにはうってつけですね

いよいよ高速道路土日祝日1000円乗り放題が始まりました!
 清里高原の最寄りICは長坂ICです
(須玉も清里へはほぼ等距離)

 名古屋からお越しの際は名古屋IC〜長坂IC 218.5kmは
 今までの定価(?)5300円のところ

1000円

 これは大きいですねぇ!
 往復8600円は一泊分になりますものね
事前登録や走行区間の取り決め(いつもメンドイですね、これ)
が複雑なのでホームページをチェックして下さい




◆待ちに待った空気が澄みきった冬

八ヶ岳連峰もくっきりはっきり浮かび上がるような鮮やかさで
見ることが出来ます
そして星空も圧倒される星空が楽しめますよ
麓の明野町は日本一の晴天率の地です
清里も有数の晴天率の地、星降る夜を楽しみませんか
拙宿のすぐ前の広場でも楽しむことが出来ます
また、徒歩5,6分の見晴らしの丘まで食後のお散歩がてら
楽しんでいる旅人も沢山いらっしゃいますよ




◆冬の旅は温泉でほっこり

拙宿には残念ながら天然温泉はありませんが
車で3分に丘の公園・天女の湯があります
地下千mから湧き出るいい湯はじ〜っくりと暖まりますよ
温泉は大人750円ですが500円で入れる前売り入湯券を
ご用意していますので是非ご利用ください




◆なんといっても冬はスキーにスノボ
清里周辺車で一時間範囲にはスキー場は六つほどあります
  
特に清里近くの二カ所のスキー場は
チビッコゲレンデもあるご家族向けです
この時季拙宿のゲストの半分以上は
マイファーストスキーなど、ちびっ子スキーヤーのご家族連れです
昼間はちびっ子のスキー上達をサポート
夜は薪ストーブの暖かさの中
夫婦が楽しめるお野菜でお腹一杯の宿でごゆっくりお過ごしください
ちびっ子スキー教室も充実している清里周辺スキー場は次の二つです



サンメドウズ清里スキー場 
   
清里から一番近いスキー場です。標高が高いのでパウダースノー
が特徴とのことです。1、2月は今時珍しくスノボ滑走不可です。
 


シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳 

清里のとなり野辺山のスキー場です
お菓子で有名なシャトレーゼが経営しているので
もちろんカフェはケーキ三昧です
スノボ滑走可能ですよ
今シーズンから小海リエックススキー場とリフト券が共通に
午後はリエックスへなどの楽しみ方が出来るようになりました
(使い方はホームページをご確認くださいね)


どちらもリフト券付きスキーパックプランをご用意しています
お問い合わせください



▼静かに冬の杜をスノーシュートレッキング、という方へ

八ケ岳自然ふれあいセンターには
スノーシューのレンタルが沢山用意されています
ヒュッテ・グーテライゼ!ご宿泊の方は
滞在中何とレンタル無料です!

詳しくはお問い合わせ下さい。
八ケ岳自然ふれあいセンター周辺または
それより上がお勧めフィールドです


清泉寮ナイトハイキング
今年の冬は清泉寮主催のナイトハイキングが面白そうですよ
新月や満月近くの晩は特に楽しそうですよ〜
夜の雪原は鹿が群れなして歩いていたり
角突き合わせる音が森に響き渡ったり




4/25(土)より清里エリアを巡回している清里ピクニックバスの
本年の運行が始まりました

ことしから停留所の名称が目的の観光施設名に変更になりました
例えば「天女山入口」は「八ケ岳倶楽部」に
拙宿の直近停留所「牧場通り南」が「黒井健絵本ハウス」
などに変更となりました

清里観光振興会ホームページに時刻表などが発表されています
JRなどでお越しの方は一日周遊券(大人一日乗り放題600円)が便利です
バス車内では販売していませんので
清里バス乗り場事務所などでお求めください
拙宿でも前売り周遊券を販売いたします



▼新緑の清里高原へ

さて、今の季節はご家族友人と春の旅の計画を
楽しくたくらんでいらっしゃることだと思います

ゴールデンウィークの清里は新芽が今か今かと
芽吹きの準備をしている真っ最中です

新緑本番はゴールデンウィークがおわり
五月第二週目から冬景色だった山の杜は一気に芽吹きます

落葉松の杜は力強い芽吹きが山で一斉に始まります
それはそれは生命力を感じます

広葉樹の杜は様々な形の新芽が次から次と芽吹き
可愛らしい新芽達に逢えますよ
その後も新緑の葉々は緑色がこれほど種類があるかと思うほど
山々は緑色の洪水、そして日一日と緑色達は色を深めていきます

杜はエゾハルゼミと鴬とカッコー達の大合唱

そして楽しみな山菜・春野菜

五月二週目から六月一週目と新緑の高原をお楽しみ下さい!





【2009年4月17日】

【 春を迎える忙しいこと 】

この時季、春の遅い清里はまだ冬です
旅人が一年でも最も少ない時季
しかし何かと忙しいのもこの時季です

この標高では花を植えるのは四月下旬です
それまでは霜が降りる確率が高く
せっかく植えた花が台無しになってしまうからです

今月初旬山梨の某一級河川で河川敷の木を伐採した残骸の木を
無料で配布しているので近所の周と軽トラックで山盛り3回運びました
ニセアカシアがほとんどですが薪がタダってとこが助かります



先月はこのために薪棚を雪の合間に2基作り備えていたのです
3月は雪がない日でも野外で作業していると
3時過ぎると天気でも気温は0度!
外仕事の限界です・・・


そして今週、その軽トラック山盛り3台分の2mの丸太を
薪の長さにチェーンソーで5等分に・・
6時間チェーンソーを握っていたので
夜になっても手がじーんとしています



昨日は宿主がただ一つ自家栽培しているビーツの種をまくために
近所のシェフの実家の畑をシェフと一緒に耕し
50を過ぎて初めてトラクターの操縦をしました
軽トラといい働く車は楽しいですねえ
(写真は体型は似ていますが宿主ではなく「近所のシェフ」です)




こうして来年の冬を過ごすための準備が一つずつ片付いていきます
過ごす冬の数を考えるとひとの一生って
なんて短いんだろう、なんて考えながら





【 2009年2月27日(金) 】

【 冬が変・・ 】



清里へ移住して四回目の冬を過ごしています

一年目の冬・・・地元の人が言うには十数年ぶりの寒い冬
しかも雪がほとんど無く冷気にさらされた地面が
凍てつき8cmの霜柱が!


二年目の冬・・・二月に四回雨が!
清里の二月に雪が降らずに雨なんて!


三年目の冬・・・二月前半週末ごとに雪が降り
拙宿の標高1130mでは最大45cmの積雪に
このあたりにしては大雪でした


四年目の冬・・・雪と雨が交互に!
一月は連日マイナス10度近くまでの日が続き
冬らしい冬になるかと思ったが二月は暖かい・・・


宿主仲間でスノーシュートレッキングに行く企みもおじゃんに!

冬が変です・・・



とは言え雪が少しでも降ると冬景色を楽しみにあちらこちらへ
写真を撮るにはうってつけです


そんな日々の中近所のシェフが冬は樵をやっているので手伝いに
来年のストーブの薪を確保するために慣れない大木の伐採に。
十数メーターの楢等広葉樹を倒すときの迫力は見事です
倒した大木は120cmに切っていくのですが
直径4,50cmになるとびくとも動きません・・・
人の土地の木を整理する仕事なので
木の枝や細い枝も気が遠くなるほどの量を片付け
慣れない仕事にへろへろ〜情けないなあ・・・




【 2008年12月7日(日) 】

【 日本一の朝 】

かどうかはわかりませんが
八ヶ岳南麓の朝の気持ちよさったらありません!

とくに高原の冬は空気がきりりと澄み切り
寒さは厳しいですが
富士山・南アルプス・八ヶ岳連峰と大パノラマが一望に望めます







特に朝日に浮かび上がる八ヶ岳連峰は
「地球」を感じさせてくれます

そんな朝は拙宿周辺のお散歩でも充分に気持ちよいのですが
自然と親しむプログラムに参加するのも
より朝と仲良くできますよ

いつもこのページでご紹介している
「日本一の朝プロジェクト」


本日朝拙宿にお泊まりの旅人の方が「森林ノルディックウォーク」に
参加するのでくっついてスタート地点でしばし見学






今朝はこの冬一番の冷え込み
拙宿の標高でも最低気温は9度ほど(もちろんマイナスですよ)
じっとしていると痛くなるほど寒い朝でした
羨ましく見つめていた宿主は
朝食の準備に戻りました・・・

今度は旅人がいない日に自分も参加するぞ!

日本一の朝プロジェクト・ホームページからの
プログラム参加予約は現在システム変更中で
受付ができませんが
拙宿にお泊まりのご予定がある旅人へは
宿主が直接予約を代行いたしますので
ご利用の節は事前にお知らせください

それでは良い朝を!









【 清里高原・冬のお楽しみ 】


▼今度の冬はご家族揃ってスキー遊び

さあて、そろそろうちのチビにスキーデビューを
と、お考えのご家族へ

清里周辺には車で30分圏内に二ヶ所のスキー場があります
どちらも人工降雪機のお世話になりますが
何しろこの寒いところ、雪質は良いそうです

チビッコゲレンデもあるご家族向けのスキー場です

シャトレーゼスキーリゾート八ケ岳
「お菓子屋さんのスノーパークへようこそ」の謳い文句の通り
スキーのあとはお菓子がよりどりみどり
清里からは30分くらい掛かるのが玉にキズ



サンメドウズ 清里スキー場
拙宿から10分ほど一番近いスキー場です
昨年まで1,2月は今どき珍しくスノーボード滑走不可です
スキーだけで静かに滑りたい方にはうってつけ


どちらもお得なリフト券を拙宿で取り扱う予定です

スキーで汗をかいたら
拙宿から車で五分、天女の湯でほっこりと
宿に戻ればお野菜と美味しい樽生ハートランドでお腹一杯!

そんなウィンターライフは如何ですか?




▼冬の雪原をのんびりとお散歩

スノーシュー遊びを今年こそ是非お楽しみ下さい!
スノーシューなんか持っていないよ〜
という方へ

拙宿にお泊まりの方は滞在中無料でレンタルができます!
詳しくは拙宿へお問い合わせ下さい




【 2008年12月4日(木) 】

【 Winter Wonderland 清里 】

「ソリの鈴がなっているよ 聞こえるかい
道には 雪がきらきら降り積もって
きれいな眺め 今夜は楽しいんだ
おとぎの国の 冬を歩くのは」



「Walking in a Winter Wonder Land」
この季節に聞き慣れた唄も訳詞を改めて見ると
冬の楽しさが伝わってきますね

清里の杜も鮮やかな秋の彩りから
アースカラーが杜を包み込み
冬の到来を告げています

冬を迎えるということにひとも動物も
同じように生きることの大切さを感じます

過ごす冬の数を考えると
ひとの一生ってなんて短いんだろう



今、夜空を眺めると木星と金星が仲良く瞬いています

先日の夜空は三日月とともに仲良く揃い踏み
三日月のすぐ上に木星金星が浮かんでいて
まるで三日月から生まれたばかりのように見えました

冬の清里の夜空はきりりと澄み切った空気の中
満天の星々を見ることができます

そんななか12月14日はふたご座流星群極大の日
今年は残念ながら前日の13日が満月のため流星の観察には
適していないようです
とても明るい流星が流れれば見られますが
暗い流星が流れていても見えにくいからです
流星群の特徴は、その星座の方向(この場合はふたご座)だけでなく
空全体に流星が流れることです
なので月が出ていない方向の空を眺め
気長に流星観察をしてみてはいかがでしょうか
国立天文台「今月のほしぞら情報」より)


こんな年こそ空が澄み切った八ヶ岳南麓で
ふたご座流星群をご覧ください

冬の清里はまさにWalking in a Winter Wonder Land
寒さは厳しいですが星空を見るにはもってこいです






▼清里高原では、ふたご座流星群極大の日星空観測の会が目白押し

八ヶ岳星空観望会
  
 12/13(土)に行われます
 場所は拙宿の2kmほど北、山梨県立八ヶ岳少年自然の家で行われます
 ちょうど夕食時の内容が空白なので拙宿に戻ってのご夕食が可能です
 第2部は拙宿から歩いて5分ほどの丘で観望会が行われます

・「K・MoPAで星をみる会
 
 こちらは12/14(日)に行われます
 場所は拙宿から車で分ほどのところにある清里フォトアートミュージアム
 こちらのイベントは18時から19時半なので拙宿での
 ご夕食はご利用できないのが残念です・・・






▼映画「西の魔女が死んだ」西の魔女・おばあちゃんの家ロケセットは
2009年1月4日にて公開は終了しました

2007年春、キープの森の中で映画「西の魔女が死んだ」の
撮影が行われました。

自然歩道・カラマツ林の奥深く、ハーブ等の花々が
咲く庭とずっと昔からそこにあるような木造りの家が建っています。


この家こそ「西の魔女・おばあちゃんの家」です。
撮影のために建設されたロケセットです。

この家を舞台に撮影が行われた映画「西の魔女が死んだ」は
2008年6月21日から全国公開されています。

映画公開を記念してロケセット「西の魔女・おばあちゃんの家」を
一般公開することになりました。


※おばあちゃんの家は法令上建物内の見学が
不可能となってしまったようです
建物の外から中を見ることになります
それでも映画の場面そのものなので
おばあちゃんと庭でジャムを炊いている気持ちになれますよ
おばあちゃんの家までの道のりも素敵な気分の良い森の小道を
歩いてゆきますのでおすすめです

詳しくはこちらを
  



▼今年も残すところあと二カ月

■クリスマススペシャルプランのご予約承り中です
Christmasもヒュッテ・グーテライゼ!は
ノエルカラーでお野菜料理
薪ストーブの優しい暖かさの中
大切な方と一緒の Christmasをお過ごし下さい

12/24イヴの晩は清里聖アンデレ教会で
一人一人手に蝋燭を持ち厳かなミサが開かれます


■グーテライゼで年越し
年末年始プランもあわせてご予約承り中です
期間中朝食はイタリアン風創作お節料理をお楽しみいただきます






【 清里エリアを巡回するピクニックバスの本年の運行は11/24(月)までです】

清里高原の観光スポットを巡回するピクニックバス





ここ清里高原・朝日ケ丘の牧場通りもピクニックバスの巡回ルートです
バスストップはもちろんポケットパークです
ヒュッテ・グーテライゼ!の最寄りのバスストップは
『牧場通り南』
宿まで徒歩三分です

平日と土日でダイヤ及び巡回ルートが
違いますのでお気をつけ下さい

今年からピクニックバスの巡回ルートが変わりました
特に変わったのは清泉寮から東沢大橋(赤い橋)〜
まきば公園〜天女山入口を通って
大泉に向かうルートが新たに加わりました

JRで清里へおこしの方でトレッキングを楽しむ方には吉報です

また、天女山入口のバスストップは柳生博さんの八ケ岳倶楽部の真ん前です
人気スポットなのにお車ではないと行き難い所でしたので
乗り継ぎとかはでますが牧場通りから
八ケ岳倶楽部へバスで行くことが出来ます

ピクニックバスは大人一回のご乗車で300円
一日乗り放題フリーパス券が600円
フリーパス券はバス車内では販売していません
清里駅バス乗り場仮案内所で事前にお求め下さい

また、拙宿でもフリーパス券を販売しています
お泊まりの翌日分はチェックアウト時にお求めいただけます

ピクニックバス時刻表・ルートは
清里観光振興会ホームページをご覧ください






  


【2008年10月30日(木)】

【 雪便り 】 


清里高原の今朝は最低気温は二度
札幌と気候は近いかもしれません





清里高原は紅葉が今真っ盛りです
今年も昨年に続き黄色も紅色もバランスの良い綺麗な紅葉です
紅葉の名所八ケ岳高原ラインの東沢大橋:通称赤い橋は
平日も駐車場が一杯







牧場通りのユリノキも見事に色づきました
ユリノキに与えられた「花ことば」は「田園の幸福」だそうです
その訳は、この樹の存在が人々にのどかな自然のたたずまいを
与えてくれるところにあるようです






この花言葉を見つけてびっくりしました
ちょうどこの街路樹が続くあたりはヒュッテ・グーテライゼ!へと
曲がるあたりにあり、外出した帰路この樹木をみると
あ、帰ってきたんだなあ、と、思わせてくれる大切な
ランドマークだからです
左右に牧草地がありのどかなたたずまいそのものです


その牧草地も今年三回目の牧草刈りが行われていました
これが今年最後の牧草刈りでジョンディアーのうなり声を聞くと
清里の冬はすぐそこです







先日の日曜日、山にかかった雲の間から
山肌がうっすら白くなっているのを発見

初雪です

いよいよ本格的な冬の訪れです








【 2008年10月14日(火) 】

【秋の薫り】

今日は冷たい秋雨です
この連休も沢山の旅人が清里高原へお越しになり
リネン屋さんがタオル不足で
拙宿も在庫ぎりぎりでした

拙宿へも直前にご宿泊のお問い合わせが相次ぎましたが
流石に連休は早くからご予約でお部屋は埋まっており
ご要望にお応え出来ない方が沢山いらっしゃり
申し訳ございませんでした

八ケ岳南麓は紅葉前線がどんどん標高の低いエリアに
降りてきています
八ケ岳高原ライン東沢大橋(通称赤い橋)
から見る川俣渓谷は日一日と紅葉が深くなってきました

清泉寮周辺はおそらく来週から一週間あたりが見ごろかな?

拙宿周辺は10月最終週あたりが見ごろと思われます
昨年は稀に見る綺麗な赤いもみじが秋を彩っていました
今年はどうでしょうね・・・

そして10月後半は八ケ岳南麓は賑やかです


今週末10月18日(土)、19日(日)は
恒例の清泉寮
「ポールラッシュ祭〜八ヶ岳カンティフェア〜」
が開催されます
清泉寮前の牧草地はアメリカ西部開拓地の収穫祭が
開かれているかのように楽しい秋祭りです



叉次の週10月25日(土)、26日(日)は
萌木の村
「私のカントリーフェスタin 清里」
が開催されます


どちらの週も土曜日は満室ですが日曜日は多少空きがあります





【 2008年8月21日(木) 】

【 今朝は11度 】


「気がつくと秋風が頬を撫でてくれる季節になっていることでしょう」と
7/25の記事をを締めくくりましたが、来ました!秋風!

今朝8/21の未明、この標高(1130M)では11度台まで気温が下がりました
都会の方、羨ましいでしょ〜
高地人になりきった宿主はこれくらいが丁度よく元気一杯です

高原のズッキーニはまるまる太ってはちきれんばかり
都会のスーパーで売っているキュウリくらいのとは
別モンですよ

また高原トマトは木で完熟したものが道の駅など
お野菜直売所に並んでいます
倉庫やトラックの中で熟させたトマトとは別モンです!

スライスしてバジルソースでお出ししたら
皆様、ペロリッ!

まだまだ高原のお野菜は元気一杯!
夏の高原土産にはお野菜が一番!




おかげさまで8月は大勢のゲストの方々におこし戴きました


8月は忙しかった方々へ (わたくしもサラリーマン時代はそうでした・・)
或いは8月の賑やかな高原はどうも・・・という方へ

9月の静かな高原は如何ですか?
夏で疲れた自分自身のお身体に優しいお野菜料理をプレゼントしませんか?




清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!の秋の予約状況です

9月の連休は後半、秋分の日の連休は満室となっています

平日もご夕食限定三組が予約で埋まっている日が
ちらほらあります
平日もなるべくお早めにご予約をお待ち申し上げます




この夏の清里高原は例年以上の賑わいを見せていました
燃油の件で海外旅行を見送った方
JRの旅で手ごろな距離の八ケ岳南麓


高原のホテル・ペンション・レストランへパンを納めている
パン屋さんも実感していました





そこでガソリンや諸物価がこんなに高くなっているのに
秋の清里高原への旅を計画して下さる旅人の皆様への耳寄り情報を



▼東京駅と清里駅直通高速バスが運行されています

2008年は 10/5(日)まで毎日運行

東京駅八重洲南口 発 8:20   着 18:28
清里駅      着 11:05   発 15:30

東京駅〜清里駅 片道 2,900円  往復 5,220円

検索予約お問い合わせは

山梨交通


JRバス高速バス予約センター
03-3844-0495 10:00〜18:00

高速バスネット(ジェイアールバス)







【 2008年7月25日(金)】

【 鴬と蜩 】


高原も梅雨が明け、昼間は強い陽射しがジリジリと・・
日陰に入り高原のそよ風さえあればここは天国
この地に移住してもうすぐ四年

からだはもうすっかりと高原仕様になって
厳冬の冬はなんのその
しかし高原の夏は少し堪えるかな?

訪れるゲストに「今日は暑くて〜」とお話すると
「えっ〜、涼しいですよ!」


そんな高原も蜩(ひぐらし)が啼き響き
耳鳴りのような幻聴かと思うほど

「夏」をより演出してくれます

しかし杜ではまだ鴬が元気一杯に啼きまくり
杜は不思議なアンサンブルです



海の日の連休はガソリン代が前代未聞の時代にもかかわらず
昨年までとは明らかに違いが分かるほど
沢山の旅人が清里高原を訪れてくださいました



気の早い拙宿の道端のななかまどは木のてっぺんが紅葉始めました

お野菜が元気一杯の夏も
気がつくと秋風が頬を撫でてくれる季節になっていることでしょう





【 八ケ岳自然ふれあいセンター・夏休みプログラム 】
 

いつもいつもご紹介している山梨県立八ケ岳自然ふれあいセンター
八ケ岳の大自然を楽しむ為のお手伝いをしてくれます
管理運営をしているのは清泉寮のキープ協会

全国から自然を勉強してその素晴らしさを沢山の方々に伝えることを
悦びとする研修生達が様々なガイドをしてくれます
その夏休みプログラムが発表されました

今年もナイトウォークの開催が決まりました
もう定番化している超人気プログラムです

また、いままでやまねミュージアムのプログラムだった
やまねの森ガイドが八ケ岳自然ふれあいセンターのプログラムとして
登場!可愛いやまねに会えるわけではありませんが
その生息地をガイドしてくれます

どちらもすぐ満員になってしまうことでしょう

お問い合わせ、ご予約は全て下記まで

山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター (9:00〜17:00)
〒407-0311 山梨県北杜市高根町清里3545
財団法人キープ協会内
TEL:0551-48-2900 



●ナイトウォーク <小学生以上対象>
 ・内容 森の中にそっと入って、夜の森体験を楽しみます
参加無料
★予約が必要です




●やまねの森ガイド
※有料・1人500円
(やまねミュージアムの入館料を含みます。)
・内容 やまねの棲む森をご案内します
★予約が必要です




●カズ数え隊 
・内容 森のプチ調査をします。
  ★予約が必要です




●ミニガイドツアー 
・内容 レンジャーと一緒にセンター周辺をお散歩します。
・料金 無料
★予約が必要です




 ●ミニ森療時間
  ・内容 森の中で心地よい時間をすごしませんか。
    森に行く前と後でストレス度をチェックします。








【 2008年5月15日(木)】

【 新緑花々パラダイス 】

前号で今春はコブシが咲くのが早かった、とお伝えしましたが
四月下旬の異様な温かさに新緑の芽吹きまでもが
一週間から十日は早い高原の春です

ゴールデンウィークには沢山の方が清里高原を訪れますが
わたくしが移住してからこの二年は拙宿周辺・朝日ケ丘の標高でも
ゴールデンウィーク期間中は新芽が出てくる準備中で
旅人は新緑はほとんど楽しめませんでした





ところが今年はあまりにも暖かい春の陽気に慌てたのか
新芽も一気に芽吹きました

そのなかでもこの時期まだ新芽がでていない冬景色の里山に
やまざくらがひっそりとぽつんと一株花を咲かせる風情は
侘寂を感じるものでした

しかし、今年は「さて侘寂をはじめるかな」と花が咲くか咲かぬうちに
葉っぱが「暖ったか〜、おっと、葉っぱ出さなきゃ」と、
慌てたのか葉っぱが花に追いつき追い越せになってしまいました
なので侘寂ではなく賑やかな葉桜になってしまいました




でもやはり大雪のおかげで地面は水がたっぷりなのか
タンポポ・水仙でさえも見事な咲きっぷりでした
新緑も春の花々もとても元気な高原の春です
夏のお野菜がすくすく育つことでしょう

それが拙宿のお野菜料理に。。
楽しみです!


しかし侮れないのは山のお天気
10日の土曜日は各地で肌寒い日でしたが
高原はここ1100m地点でも最低気温は2℃ほど
八ケ岳連峰の山頂付近は真っ白くなったようで
また、隣の野辺山では日曜日の朝、一面真っ白だったそうです

家々の煙突からは薪ストーブの煙が復活していました



高原の落葉松の新芽を見たことがありますか?

八ケ岳連峰南麓には落葉松の森が広がっています
落葉松の新芽は可愛い小さな針のような葉が束になって
にょきっと誕生します

それが枝全体、樹全体、そして森全体で誕生している光景は
是非ご覧ください
新鮮な新緑の淡い緑色が森全体に染まっています




その時は是非新芽に近づいて可愛い新芽の誕生を励ましてあげて下さいね




▼新緑の清里高原へ

さて、今の季節はご家族友人と春の旅の計画を
楽しくたくらんでいらっしゃることだと思います


新緑本番はゴールデンウィークから始まりました
四月末に続いた暖かい日のおかげで
まだ新芽が準備しているはずのゴールデンウィークには
一斉に芽吹きました

冬景色だった山の杜は一気に芽吹き
落葉松の杜は力強い芽吹きが山で一斉に始まりました
それはそれは生命力です






広葉樹の杜は様々な形の新芽が次から次と芽吹き
可愛らしい新芽達に逢えますよ




その後も新緑の葉々は緑色がこれほど種類があるかと思うほど
山々は緑色の洪水、そして日一日と緑色達は色を深めていきます

杜はエゾハルゼミと鴬とカッコー達の大合唱

そして楽しみな山菜・春野菜

五月二週目から六月一週目と新緑の高原をお楽しみ下さい!








【 2008年4月22日(火)】

「コブシ咲くあの丘北国の〜」そうです「北国の春」の一節です
ここ清里の「北杜の春」もやって来ました
ヒュッテ・グーテライゼ!がある清里牧場通りのコブシも
標高の低いエリアは満開です





移住して三回目の春、あれっ?今年コブシ早くないかい?
古くからこの地に暮らす方々も今年は早い!と口々に
三月も、そして四月に入ってからも暖かい日が多く
例年より早く元気な春になりそうです

元気というのもここ二年雪の少ない清里にしても
雪が異様に少なく、春を迎える植物にとって
元気のもとが少なかったと思われます





しかし今年の冬は久々の清里としては大雪の冬でした
「雪解け〜せせら〜ぎ」いい雪解け水が豊富な春です
春の花や新緑はとても元気に良い春が来そうです

宿のまわりにも少しずつ花を植え始めました
勿論勿忘草が中心ですが

植えたそばからどこからともなく蜂がやって来て
美味しそうに花から花へと忙しそうに動き回っていました










トロッコ風列車「びゅうコースター風っこ」が小海線を走ります

JR東日本『山梨デスティネーションキャンペーン』の一環で
イベント列車が小海線にお目見えします。
ぜひこの機会に新緑に染まる小海線ののんびり旅を楽しみませんか?
※「風っこ八ヶ岳高原号」は全区間ディーゼル機関車(DL)がけん引します。

運行日(予定)
2008年5月17日(土)・18日(日)・24(土)・25(日)

《上り列車》
野辺山駅発    清里駅発   小淵沢駅着
10:39      10:50     11:23
14:11     14:22      14:55

《下り列車》
小淵沢駅発    清里駅発    野辺山駅着
12:16     12:50      13:00
15:32     16:08      16:18




山梨ワインフェア 2008

拙宿すぐ近くで行われる楽しい楽しい山梨のワインの試飲三昧
(飲み放題とはニュアンス・趣旨が違いますが実質飲み放題・・)
おつまみも清里の名店のシェフが用意するのも見逃せません

では主催側のコメントをどうぞ

清里ワイナーズクラブでは今年も山梨県を代表する
ワイナリーの方々にご協力頂き皆様に各社の名醸ワインを
試飲していただく場をご用意致しました

清里ワイナーズクラブに属するホテルやレストランが
高原ならではの食材を生かした、ワインに良く合うおつまみを
ご提供するとともに各ワイナリー自慢のワインを味わっていただきます

是非この機会にワイナリーの皆様との交流を通して
山梨のワインの本当の美味しさを実感していただき
山梨県産ワインに対する認識を新たにしていただければ幸いです


日 時/2008年5月29日(木)11:00〜15:00

会 場/ホテル オーベルジュ 特設会場

(会場は拙宿から徒歩三分、牧草地でガーデンパーティーの趣です。)
(雨天の場合はバーベキューハウス)

参加費/お一人様 2,000円
(お料理の準備の関係上できるだけご予約ください)

※5/29当日は、わたくし宿主も参加してワインをしこたま味わってしまう為
  お泊まりの場合一泊ご朝食付きのみ承ります

 もし清里高原ヒュッテ・グーテライゼ!にお泊まり戴き
ワインフェアをお楽しみになる場合
通常の夕食はご用意出来る状態にありませんが
(宿主酔っぱらっていることでしょう)
そのまま朝を迎えるのもお腹が減ってしまいそうなので
拙宿でアンチパストなどをご用意して流れ二次会のような感じにいたします
その場合はメールなどでご一報下さい






元気な春を楽しむにはうってつけのお楽しみが発表になりました


【 八ケ岳自然ふれあいセンター・ゴールデンウィーク・プログラム 】
 

いつもいつもご紹介している山梨県立八ケ岳自然ふれあいセンター
八ケ岳の大自然を楽しむ為のお手伝いをしてくれます
管理運営をしているのは清泉寮のキープ協会
全国から自然を勉強してその素晴らしさを沢山の方々に伝えることを
悦びとする研修生達が様々なガイドをしてくれます
そのゴールデンウィーク・プログラムが発表されました

今年もナイトウォークの開催が決まりました
もう定番化している超人気プログラムです

また、いままでやまねミュージアムのプログラムだった
やまねの森ガイドが八ケ岳自然ふれあいセンターのプログラムとして
新登場!可愛いやまねに会えるわけではありませんが
その生息地をガイドしてくれます

どちらもすぐ満員になってしまうことでしょう

お問い合わせ、ご予約は全て下記まで

山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター (9:00〜17:00)
〒407-0311 山梨県北杜市高根町清里3545
財団法人キープ協会内
TEL:0551-48-2900 


●ナイトウォーク <小学生以上対象>

 ・内容
  森の中にそっと入って、夜の森体験を楽しみます
当館の人気プログラム! 参加無料

 ・日時
  ・4月26日(土)   19:30〜20:30 
  ・5月 3日(土)   19:30〜20:30 
  ・5月 4日(日)   19:30〜20:30 
  ・5月 5日(祝)   19:30〜20:30 
 ・定員 15名  ★予約が必要です



●やまねの森ガイド

※有料・1人500円(やまねミュージアムの入館料を含みます。)

 ・内容  
やまねの棲む森をご案内します

 ・日時
  ・5月 3日(祝)   13:30〜14:30  
  ・5月 5日(祝)   13:30〜14:30  
  ・5月 4日(祝)   13:30〜14:30  
 ・定員 15名  ★予約が必要ですが



●新プログラム!カズ数え隊 

 ・内容
  毎月1回のお楽しみ!新プログラム!カズ数え隊です。
  毎月テーマを決めてプチ調査をします。
  4月は「えさ台に来た鳥」の数を数えます。
 (自然状況により変更があります。)

 ・日時
  ・5月 3日(祝)   11:00〜11:45 
  ・5月 4日(祝)   11:00〜11:45 
 ・料金 無料
 ・定員 15名  ★予約が必要です



●ミニガイドツアー 

 ・内容  レンジャーと一緒にセンター周辺をお散歩します。
      小さな春を見つけに行きましょう。

 ・日時
  ・4月26日(土) 14:00〜14:45  ・4月30日 (水) 14:00〜14:45
  ・4月27日(日) 11:00〜11:45  ・5月 1日(木) 14:00〜14:45
  ・4月27日(日) 14:00〜14:45  ・5月 2日(金)14:00〜14:45
  ・4月28日(月) 14:00〜14:45  ・5月 5日(祝)11:00〜11:45
  ・4月29日(祝) 14:00〜14:45  ・5月 6日(祝)14:00〜14:45

 ・料金 無料
 ・定員 15名  ★予約が必要です




【清里高原2008春のお楽しみ】

八ケ岳自然ふれあいセンター春のプログラムが発表されました

特にミニ森療時間はキープ・フォレスターズスクールの人気
プログラム「森療時間」

のミニ版で、一押しお薦めです!!
いかに森は人にとって大切な癒しのもとであるか実感出来ます

お問い合わせ、ご予約は全て下記まで

山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター 
(9:00〜17:00)※3月中は16:00まで
〒407-0311 山梨県北杜市高根町清里3545
財団法人キープ協会内
TEL:0551-48-2900 



●新プログラム!カズ数え隊 
 ・内容
  毎月1回のお楽しみ!新プログラム!カズ数え隊です。
  毎月テーマを決めてプチ調査をします。
  4月は「えさ台に来た鳥」の数を数えます。
 (自然状況により変更があります。)
 ・日時 4月5日(土)   11:00〜/14:00〜 (各回45分) 
 ・料金 無料
 ・定員 15名  ★予約が必要です
 


●新プログラム!ミニ森療時間
 ・内容  毎月1回のお楽しみ!新プログラム!ミニ森療時間です。 
   森の中で心地よい時間をすごしませんか。
   森に行く前と後でストレス度をチェックします。
 ・日時 4月19日(土)   11:00〜/14:00〜 (各回45分)  
 ・料金 500円
 ・定員 15名  ★予約が必要です



●ミニガイドツアー 
 ・内容  レンジャーと一緒にセンター周辺をお散歩します。
      小さな春を見つけに行きましょう。
 ・日時 4月6日(日)、4月12日(土)、4月13日(日)、4月20日(日)
        4月26日(土)、4月27日(日)、4月29日(祝)    
        それぞれ11:00〜/14:00〜 (各回45分)
 ・料金 無料
 ・定員 15名  ★予約が必要です






【 2008年3月18日(火)】

清里の地面は今ふかふかです

半月前まであれほど雪が積もっていたのに一気に雪解けです

気温もそこそこ低かった今年の冬
地中もしっかり凍てついていました
拙宿のアプローチに敷きつめた枕木も持ち上げられでこぼこに
勝手口の扉は外の土が凍って盛り上がり
二年ぶりに扉は開かなくなってしまい

根本15cmの2m近いつららもいつの間にか消え
屋根に残っていた最後の氷も100kg以上と思われる塊が
ある夜中に大轟音と共に崩れ落ち
春を呼びに行ったようです

すると虫たちも何処からともなく現れ
麓の村からは山菜の気配が・・・

でも清里高原の春はゆっくりです
もうすぐ牧草地の牧草や道端のタンポポから緑が芽吹き始め
春はゆっくり近づきます

この標高では桜の開花は四月下旬
ソメイヨシノとかは近代誰かが移植したものと思われますが
まだ新芽がジッと待っているだけの杜はまだ冬景色
しかしよく見ると山々の途中に山桜がここそこに
ひっそりと春を表現します
それはそれはおくゆかしい春の景色です

ゴールデンウィークを過ぎるとおくゆかしい春は一変
新緑の洪水に見舞われます





【 2008年2月13日(水)】

清里は真っ白です!





清里に移住して三回目の冬
初めての冬は近来稀な厳しい寒さの冬でした。
同じ2月頃は毎日のように最低気温は零下十五度!凄いところに来たものだ
とあきれていた毎日でした。
しかし雪は少なく春を待つ植物達は
寒気に直接さらされて辛い冬だったでしょう。

そして昨年二回目の冬はうって変わって暖冬。
2月の清里で雪が降らず雨が4回降りました。
勿論積雪もほとんどなくせっかく買ったスノーシューも
アメリカ製の雪掻きスコップも出番がありませんでした。

そして今年の冬
来ました来ました
2/3から丸一日降り続いた雪は35cm近く! 
やっと雪掻きスコップも大活躍です。ポストも雪の帽子が重そうです。
でも雪が降り続いても一端止めば高原の青空が登場します。

その後も三日おきに10cm雪が積もり
なまった身体は雪掻きでぱんぱんです。





真っ白な清里へは雪道が心配ですね
国道は除雪され融雪剤が撒かれているので比較的安心ですが
ヒュッテ・グーテライゼ!への枝道や
小海線より上のエリアや駐車場などは
スタッドレスタイヤ或いはタイヤチェーンが必要です。

先週の建国記念日前後の連休はちびっ子を含めた家族連れのゲストで
おかげさまで四部屋満室でした
みなさんスキーに雪遊びに満喫していたようです

清里の最寄りスキー場は

サンメドウズ清里スキー場  

シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳

その他清里のお楽しみはこちらから


ヒュッテ・グーテライゼ!の杜の冬風景などはこちらから






八ケ岳自然ふれあいセンターではこうした清里に縁が深い星野道夫さんの
自然との対話・ふれあい方をとおして八ケ岳の自然にも親しんでもらいたいという意図から
昨2006年度一年間、星野道夫さんに因んだ様々なイベントを開催しました。
年間企画としては終了しましたが2007年度も注目です。


以下八ケ岳自然ふれあいセンターのホームページより


 昨年、一年間(2006年度)を通じて進めて参りました、
星野道夫 Memorial Year の事業も、先月にてひとつの区切りを付け、
今年度(2007年度)は、星野道夫さんの作品の中でも重要な位置を占めている

「生命(いのち)」

を大きなテーマとして、展示や講演会などの事業を、
引き続き展開して行こうとしています。

 実は星野さんのメモリアル事業を展開しつつ、
生命の重みの感じられない事件や事故が起こるたびに、
腹立たしく思っていたことが有ります。
生きたくても、生きれない命も有るはずなのに‥」と、いつも感じていたのです。


 自然に対して、人間の思うように(都合のいいように)
姿をかえようとするのは、人間の思い上がりです。
 与えられた命を、自分のものであれ、他人のものであれ、
勝手に絶とうとするのも、大きな思い上がりです。

 天から授かった生命は、やがて土に還ってゆきます。
ありとあらゆるものに公平に与えられた宿命です。急いで絶つ必要なんて

どこにも有りません‥

 清里の谷口牧場で一緒に汗を流した大切な親友を
山の噴火という自然力の猛威によって失った星野さんは
生きる意味や生きて行く方向について悩みに悩んだ時期に
何度か清里に足を運んだそうです。
 

 時には森の中に一人きりで身を置いてみる。静かに自分と対話してみる。
(大切なことは、森が教えてくれるかも知れません。)
そして、心がザラつく時には、星野道夫さんの写真や文章に触れてみる。
 メモリアル事業を担当した、私からのお薦めです。
 

 今年度も、生命の輝きや不思議さ、そして生命感と笑顔の溢れる
ふれあいセンターにしたいとスタッフ一同張り切っています。

どうぞ、気軽にいつでもお立寄り下さい。







【 2007年11月1日(木)】

 今夏の猛暑の影響は高原の杜の秋の色彩にも影響が・・・
八ケ岳南麓も紅葉が十日ほど遅れている感じです
標高1600m程のところは紅葉も終わりに
今は清泉寮がある1400mほどの標高で見ごろです

これで移住して三回目の紅葉です
昨年は紅葉になる前に茶色に進んでしまった感じがありました
今秋はこの三年で一番綺麗な紅葉が八ケ岳南麓に広がっています
数日前の台風二十号の奇襲にも赤黄の葉っぱ達は
しっかりと梢にしがみつきもう一息旅人たちと杜の住人に
楽しみを残してくれました

そして赤づき始めたもみじは見事な赤色が見え始めています
グーテライゼの杜は総天然色の一歩手前
今週末が広葉樹の紅葉にピークになりそうです
紅葉はそこから一週間から十日後に見頃になるとおもわれ
グーテライゼ周辺の杜はもう少し紅葉が楽しめそうです

十月の清里は清泉寮カンティーフェア、萌木の村の
カントリーフェスタと大きなお祭りが続き
先日の日曜日は拙宿がある清里朝日ケ丘班の集落のお祭りでした
この秋祭りが終わると山は冬支度が一気に進みます

10/28の八ケ岳連峰の頂きは真っ白でした




まもなく空気がきりりと澄みきった高原の冬が訪れます






今年も残すところあと二カ月

今年はホワイトクリスマスになるか?
清里聖アンデレ教会で過ごす聖夜は荘厳ですよ

クリスマススペシャルプランを煮詰めています
もう間も無くお知らせ出来るかと思いますので
お待ち下さい

グーテライゼで年越し

年末年始プランもあわせて煮詰めています
昨冬は期間中朝食に創作お節料理をお楽しみいただきました


【 清里高原・秋のお楽しみ情報 】

▼清里まきばの冬花火

2007年11月17日(土)

日本一の標高で打ち上げられる冬の花火
空気がきりりと澄みきった中での冬の花火は
見事です。今年も何とか実施出来るようです。
この時期の清里は「冬」です。氷点下になってもいい
服装でお楽しみ下さい。




▼私のブックマーク 2007 11月の会 (読書茶話会)

山梨県立八ケ岳自然ふれあいセンターで
昨年から始めた星野道夫さんの本を読む読書茶話会
「私のブックマーク」を、今年も9月より再開しています
本に栞(しおり)をはさむように
星野作品の気に入っている部分に心の中で印をつける
そしてフレーズを噛みしめる・・・
暖炉の火を囲みながら

11月29日(木)
  ・時間 午後7時30分〜9時30分  
  ・場所 山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター
  ・料金 無料(お茶菓子のお差し入れ大歓迎!!)
  
11月に読む本は『アフリカの旅日記ゴンベの森へ』です。

平日の夜清里で行われると参加は一寸・・・
という方々に朗報です
12月は16日(日)昼間15時〜17時に休日昼間に開催されます
お楽しみに!

ご参加ご希望の方は、事前にご連絡下さい。
・連絡先 TEL:0551-48-2900 ふれあいセンターまで


それでは良い旅を!





【 2007年7月26日(木)



一昨日は朝から雲一つない快晴!

湿気の多い夏は八ケ岳連峰の山々はなかなかその全貌を
現してくれませんが一昨日は緑の衣を纏った山々が
群青色の空に浮かび上がっていました。



前の晩にお泊まりの旅人は夜のお散歩で
見事な星空と流れ星を楽しんだそうです。

しかし梅雨明け宣言はまだかしら?
慎重ですね・・・
先日の台風でたっぷりと雨を飲み込んだ大地からは
見事なお野菜が生み出されてきました。

地元の農家の方の畑の一角をお借りして
種を蒔いたお野菜がみごとな実を付けて
初収穫となりました。

そのお野菜はビーツです。



ロシア、北欧など寒い地方で食べられている
そう、ボルシチに使う真っ赤な実です。

昨年の夏もナカナカ手に入らないビーツを使って
シンプルに蒸し焼きにして大胆にスライス
素材の持ち味をそのまま味わっていただいたものです。

そのナカナカ手に入らないってのは困るので
今年は作ってしまいました。
種を蒔いて二カ月、見事に繁った畑はいのちに溢れています。

大地の香りそのものが楽しめるビーツを
お楽しみに!

ここ数日は夏本番に入る前の準備や
あっという間に生えそろう草達の刈りとりです

そのついでに野のスグリ(レッドカラント)を摘みに行き
ジャムに煮てムーランにかけて濾し真っ赤なソースの出来あがり
毎年一つずつでも野の果実のジャムを増やしていきたいですね

仕込んだ量は少なめなのでデザートにトッピングでついてきたらラッキーです
野の香りをお楽しみ下さい




それでは「良い旅を!」



八ケ岳自然ふれあいセンターの自然体験プログラム
(原則土日開催要予約、無料ですよ!)

・ミニガイドツアー
(10月迄は毎週土日開催時間は実施日毎に確認して下さい)
夏休みの特別企画も要チェックです










 ヒュッテ・グーテライゼ!から徒歩三分ほどのところに
 無農薬ブルーベリー農園があります。
三十分食べ放題プラスお土産パック付き、お泊まりの方1200円です。
 ご紹介が必要です、ご宿泊の際お申し出下さい。


▼清泉寮のキープ協会は見どころ・自然体験盛り沢山です!

 ■八ケ岳自然ふれあいセンター

  ●小寺卓矢 写真展「森の息、生命の泉」

   8月3日(火)〜8月23日(木) 
   小寺卓矢;写真家、星野道夫さんから、
    オオカミがくわえて行った伝説のカメラ・ニコンF3を
    譲り受けた小寺さんの生命感あふれる、
   「自然と人といのちのつながり」をテーマとした
    魅力的な写真の数々をご覧下さい。

     ◆◆小寺卓矢さんのHP◆◆ 
  
( 小寺さんは2006年11〜12月にNHKで放送された
「好きなことならきっと」〜星野道夫 夢の力〜
にヒュッテ・グーテライゼ!とともに登場した
北海道をベースに活躍されている写真家です )


  写真展開催記念講演会「森のいのち」
  ・日時/8月4日(土) 午後2時〜4時
  ・場所/山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター 視聴覚ホール
  ・料金/無料 (要予約 定員200名)
  ・内容/小寺卓矢さんに星野さんとの思い出や
   昨年出版されたばかりの写真集「森のいのち」について
   スライド上映も交えてお話頂きます。
  ・お問合せ TEL:0551-48-2900 ふれあいセンターまで




そして清里の自然と親しむならここしかありません!
県立八ケ岳自然ふれあいセンター夏の企画です

何と言っても無料です!

(下記のイベントは全て予約が必要です)

    ◆◆空き状況と予約はこちらから◆◆
  

  ●ミニガイド

近くの杜を45分ほどレンジャーがガイドしてくれます。
11:00〜11:45、14:00〜14:45
7/27、30
8/1、3、6、8、15、20、22、24、27、29、31


●夕涼みウォーク  

  〜夏は夕暮れ〜 心地よい夕暮れの森に、たっぷり浸ります。
17:00〜18:00
7/27、8/3、10、17


●ナイトウォーク

  夜の森の中にそっと入ってゆき静かな夜の体験を楽しみましょう
  (小学生以上対象)アルコールはお控え下さい!!
  19:30〜20:30
  7/28、8/11、13、15、18、25



 ■キープファームショップ・イベント情報

  夏休み期間中はファームショップ前の牧場広場が
  酪農体験広場になります。
  茶色い牛ジャージー牛の乳絞り体験(一回¥100)や
  干し草を敷き詰めたジョンディアトラクターの荷台に乗って
  広大な牧場を巡るヘイライド(一周約15分¥300)など
  イベン ト盛りだくさん!
  夏休み以外の期間も11/30(金)までの毎日午前9:00〜10:30
  乳絞り体験をお楽しみいただけます。
  ジャージー牛乳1杯付き1人300円・要予約
  キープ・ファームショップは雄大な風景を前に手軽なお食事も
  ソフトクリームも楽しめるお勧め穴場スポットです

  ◆◆キープ・ファームショップはこちらから◆◆
    



【 2007年6月28日(木)



数日前富士山に「農鳥(のうとり)」が一カ月遅れで現れたと
ニュースが流れていました。
「農鳥」とは富士山の残雪が融け、山肌の残雪の模様が丁度
鳥が羽ばたいている形に移ろってきたら田植えをする
各地に伝わる農家の方の季節の指標の一つです。
他には北アルプスの「白馬」は「代馬」と呼ばれていて
やはり残雪が「白馬」の形になったら
田植えをして良い、などがあるようです。
この「農鳥」がこんなに遅れることは珍しいとのこと

地球が心配です


梅雨入りも今年は遅かったですね
丁度梅雨入り直前を狙ってヒュッテ・グーテライゼ!がある
清里牧場通りの牧草地では一斉に
牧草の一番刈りが行われていました

牧草を刈って数日間天日に干して
梅雨入りの雨が降る直前に牧草をロールに纏め
ラッピングをする段取りをしていたようでした。
そこへ梅雨入りの雨が一日前倒しになる予報がでてしまい
酪農家の方は大急ぎで雨が降る前にせっかく干した牧草を
まとめる作業を深夜まで続けていました
深夜の高原にトラクターの音が響き渡っていました

これも高原の生活の一つです。


そんな高原もフルーツ王国山梨の呼び名の通り
お野菜だけでなくフルーツも続々と実ってきました

先陣を切るのはさくらんぼ
山梨でも標高の低めの地域は先日から真っ盛り
標高の少し高目、ヒュッテ・グーテライゼ!からは
車で十分ほど下った標高800Mほどのさくらんぼ農園は
先週末6/23からさくらんぼ刈りが始まりました

その少し前一粒試食、甘〜い!一パック家族用にご購入!
さくらんぼ刈りは人気が異常に高い為か
地元の宿の利用者向けの割引も利用券発行も
まるで受け付けてくれないのでご紹介しかできませんが
当宿ご予約の際その旨お問い合わせ下さい

この地域のさくらんぼ狩りは7/15ころまで
その直前くらいから七月下旬までは標高の高い
ここ清里の農園でさくらんぼ刈りができます。
さくらんぼ刈りは何処へ行っても
40分2000円食べ放題(おみやは付きません)
今の時代こういう協定していては・・・ね


そして七月下旬にはブルーベリーが清里でたわわに実ってきます。
当宿から徒歩三分ほどのところのブルーベリー農園の
ブルーベリー狩りは無農薬で大粒です
昨年自分もいそいそと両手と口のまわりを紫にしてほおばりました
ここは周辺宿の利用者向けに割引してくれて
昨年は三十分食べ放題お土産パック付きで
1200円でご案内できました
(今年は詳細未定です)
こちらは夏の間ずっと楽しめそうです

チェックインの際にお申し出いただければ
予約もいらずすぐに楽しめます
(お土産パックが付くのでお帰りの際に楽しむのがいいですね)

お、フルーツに目がない方、気がつきましたね!
うまくすると七月の下旬はさくらんぼとブルーベリーが
両方楽しめるなんて!

そしてその後に控えるのはもも、葡萄、洋梨など
山梨の夏は楽しいです!






そして自然大好きな方にビッグニュースです。
この春封切りになったばかりの
地球交響曲 ガイアシンフォニー 第六番が無料で楽しめます。
清里清泉寮の向かい県立八ケ岳自然ふれあいセンターで
7/7(土)七夕の日に上映会が行われます。

●八ヶ岳環境映像祭 2007 
地球交響曲 ガイアシンフォニー 第六番 上映会

長屋和哉 虚空の音 演奏会

・内容 EARTH VISION 地球環境映像祭の一環として、毎年清里にて
  行われているプログラム。今年は、龍村仁監督の話題の
  映画の最新作を上映します。映画の中でも登場する、北杜市
  明野町在住の長屋和哉さんに、生の演奏も披露して頂きます。
・日時 7月7日(土)
      午前の部 9時〜12時
      午後の部 2時〜5時
・会場 八ヶ岳自然ふれあいセンター
・料金 無料 (要予約 各回定員200名) 
・お問合せ、お申込み TEL:0551-48-2900



そして八ケ岳南麓には素敵な方が大勢おいでです

そのなかでもタイムリーな(少し遅れてしまいましたが)
方を今回ご紹介します
清泉寮の日本聖公会長坂教会(中央道長坂IC近く)の司祭
松村誠さんです
星野道夫さんに影響を受け写真家を志し
アラスカまで星野さんに会いに行きアドバイスを頂いたようです
今は教会の司祭をされている傍ら
八ケ岳南麓の自然を優しい眼で見つめ続けた写真を
紹介し続けています


その松村司祭が山梨日日新聞へ連載していた
写真コラムを纏め直して
八ケ岳自然ふれあいセンターで展示しています


「松村誠」写真展 
4月25日(水)〜6月17日(日)  
  
内容
県立八ヶ岳自然ふれあいセンターでは今年度一年間を通じて
「生命(いのち)」をテーマとした展示や講演会などを展開して行く予定
その最初を飾るのは、長坂聖マリヤ教会・司祭の松村誠さんの
生命感あふれる写真の数々です。
(山梨日日新聞にて連載された写真と文章が30点づつ)
後援
山梨日日新聞

優しい写真と心温まるメッセージを是非ご覧ください



【 2007年4月18日(水)】

四月も後半に入ったというのに、雪です!
夕方位からみぞれ混じりの春の雪かと思いきや
夜に入ると梯子を降りるようにしんしんと静かに降り続いています

スタッドレスタイヤは四日前にノーマルに戻してしまった
積もらないでね

「四月一杯スタッドレス脱いじゃ駄目だよ」
永く地元に暮らす方の言うことは聞くものです

過去ゴールデンウィークに景色が白くなったことが
あったらしいです・・・

さすが高原、侮れません


翌4/19朝3cmほどの積雪でした
この写真を撮った7:00には日が出て
9:30にはほとんど白い世界は叉消えてしまいました












【 2007年4月16日(月)】


都会では春満開のこの季節ですが
清里高原はジッと春を待ち焦がれています

福寿草は例年より三週間早く地面を華やかにさせているにもかかわらず
三月は中旬に冬へ舞い戻る寒さが続き

薪の消費が進みました

そんな中、木の芽たちは日一日膨らみ
牧草畑は毎日少しずつ緑が増し
高原は一歩ずつ春に近づいています


そうなると春新緑の旅を計画されている方も多いかと思います
ゴールデンウィークは4/28、29、5/3〜5はおかげさまで満室となりました
(4/18現在)





二月に全面改装が終わった和室が大好評!

珪藻土・無垢の木、こだわりの間接照明
畳六畳と広くありませんが寛げる和室でのんびりして下さい



八ケ岳自然ふれあいセンターの自然体験プログラム
(原則土日開催要予約、無料ですよ!)

・ ナイトウォーク(4/28、29,5/3〜5、19:30〜20:30開催)

・ミニガイドツアー(4/28〜5/6、時間は実施日で確認)




【 2007年3月10日(土)】

異様に暖かい冬は各方面に問題をばらまきながら春へとまっしぐら
相変わらず清里は雪は全く無く
地中温も高く地面が普通に掘れます
移り住んで初めての冬であった昨冬は
つるはしでも地面に歯が立たなかったのに・・・
不気味です

小鳥達もとても賑やかです
ベランダのえさ台はシジュウカラを中心に順番待ち
周りの小枝から順番が空くのを待っています
もしかしたら春と思いこみ里から上がってきたのに
まだ春じゃないと
えさに事欠いているのかもしれません

普段ならまだぐっすり冬眠しているはずのやまねは
冬眠から目が覚めたばかりか
樹上動物のくせに地面を歩き回る姿が観測され
やまね研究を考え直さなければならないかも・・・
という声も聞こえて来る清里の緩い冬です




《 冬の清里の気候 》

1、2月の清里は昼の最高気温は6℃位、
最低気温はマイナス20℃を記録したことが過去にあるようです。
冬は寒さ対策をなさって下さい。
旅人の皆様のお部屋はFF式ファンヒーターと羽毛掛け布団をご用意しておりますので
ぬくぬくと御やすみください。
ダイニングルームには薪ストーブ、
優しい暖かさの中でお食事を召し上がりいただきます。

清里の冬は気温は低くとも雪深くなることはありません
とは言っても清里の住人は11月末には冬用タイヤに履き替えます
主要道路は融雪剤が撒かれるので日中はノーマルタイヤで走れますが
枝道に入ると雪は融けずに凍っていることが多く万全の装備が必要です






さて、毎回しつこくお知らせしている
八ケ岳自然ふれあいセンターで行われている
星野道夫Memorial Year
「私のブックマーク」星野道夫さんの本をテーマとした
読書茶話会も残すところ三月の回のみとなりました

KEEP環境教育事業部祭の一環として3/17(土)に行われます

そしてなんと星野道夫Memorial Yearを締めくくるスペシャルゲストが!
そうです星野直子さんがその日清里にいらっしゃいます
星野道夫Memorial Yearを締めくくる
「私のブックマーク」星野直子さんを囲んでの読書会
その後場所を変えて
星野直子さんを囲んでの茶話会と続きます

19:30〜20:30 星野直子さんを囲んでの読書会
星野道夫メモリアルイヤーの締めくくり!
参加無料 要予約
 
21:00〜22:30 星野直子さんを囲んでの茶話会
暖炉を囲み、お茶をのみながらのひととき
参加費 500 円 定員30名 要予約









【 2007年2月25日(日) 】


変則的な気候が続く中、みなさま如何お過ごしでしょうか?

清里は雪が降りません!
二月に入って雪がほとんど降らず、雨が四回も!
二月の清里で雨が降ることだけでも珍しいのに・・・

連休の頃気温が十度迄上がってしまった日が三日ほどもあり
一月に降った雪もほとんど消え去ってしまいました

しかし新潟方面などのスキー場はもっと深刻で雪の無い状態とのこと
二月の連休、その要因もあるのか
下の2/7付け最新情報でスキーブームの頃の清里のスキー場
サンメドウズ清里スキー場の混雑ぶりを載せましたが
なんとその時代を彷彿させるほどの混雑でした

様子を見にサンメドウズ清里スキー場へ行こうとしたのですが
スキー場の駐車場から何キロも入場待ちの車が続き近づくこともできませんでした

いつもこのくらい混雑してくれるといいのですが・・・
・ アニマル・トラッキング入門
(2/24、25、3/3、4、10、11開催)
   冬の森は動物の足跡がいっぱい!
お散歩しながら、動物の足跡を追いかけます

・ミニガイドツアー 
(3/17、18,21,24,25,31)
   当センター周辺の森をレンジャーと一緒に散策します


その他の清里の冬の楽しみをご紹介いたします


車で一時間の範囲に四つのスキー場があります
人工雪ですが標高は高いので寒い時期はパウダースノーが楽しめますよ
お得な提携宿用の前売りリフト券をご用意してありますので
チェックイン前でしたら宿へお立ち寄り下さい


2/17〜4/1は東京駅八重洲口から清里駅迄直通高速バスが運行されます
雪は少なくなってきてますが、枝道はまだ雪があるところも
また、高原ですのでいつ雪が降るかもしれません
バスは安心です。


【 2007年2月7日(水) 】

暖冬のニュースが毎日盛り沢山の今日この頃
清里もこの二日間春のような暖かさでした
清里は一月に降った二回分の積雪もあとわずか
雪解けで春を迎える時のようです

雪といえばスキー、一昔前のスキーブームはどこへ行ってしまったか・・・
清里のスキー場サンメドウズ清里スキー場も
その頃は駐車場が一杯になり入場制限があったことも
わたしも当時スキーに年何回か行っていたことがあり当時二月の連休
佐久に近い八千穂高原スキー場も駐車場に入れず
かなり離れた国道に停めて行ったものでした
清里のガソリンスタンドは深夜も営業しており
高速のSAのスタンドも深夜給油待ちの車の大行列があったことは

夢のようです・・・


そんななか2月4日(日)の夜
清泉寮のキープ協会が開催している

満月の夜だけの特別ハイキング「moonlight hiking」

に参加してきました
満月の夜の前後5日間だけの開催で夜は20時スタートです
雪はだいぶ融けたとはいえ清泉寮の標高なのでスノーシューも貸していただき
さあ出発

出発直前に月の出、満月を二晩過ぎたとはいえ牧草地の広大な雪原は幻想的です
フクロウや鹿の出現に期待しながら
ガイドのチーフレンジャーの方のお話を聞きながら折り返し地点

ここでホットワインやホットショコラで温まりシートを敷いて寝っ転がると
そこは天然のプラネタリウム!
満月の月明かりがあるのにこの星の数!
シリウスの青白い瞬きはまるで発光ダイオードのごとき鮮やかさ
流星群は今度はここで見よう!

鹿の足跡を追いながら約二時間のツアーは終了・・・
本来旅人向けの企画であるのに日曜の夜ということもありますが
地元民の参加が多かったのもうなずけます
一人3000円はちょっと・・・、と思いましたが
スノーシューのレンタルも付いていたので納得です

次は3/2〜3/6の5日間の開催で今シーズンのナイトハイキングは終わってしまいます
詳しくはこちらから
財団法人キープ協会 キープ・フォレスターズ・スクール



その他にも清泉寮の財団法人キープ協会 キープ・フォレスターズ・スクールと
キープ協会が指定管理者として運営している県立八ケ岳自然ふれあいセンターの
冬の体験プログラムをいくつかご紹介します


まずは先程ご紹介したムーンライトハイキングなど
キープ・フォレスターズ・スクール主催のツアー

・冬の森ガイドツアー  (2月中の月、火、2/12を除く)(一人800円)
・ ヤマネの森ガイドツアー   (2月中の水、木、金)(一人1500円)
清里高原の冬は、とても気持ちいい時間です
雪の上の動物たちの足跡、春をじっとまつ冬芽
見晴らしのよくなった森、遠くまで澄みきってみえる山々・・・
暖かい服装で、冬の空気を満喫しませんか?
清里に住むレンジャー(自然案内人)が冬ならではの見どころ
森の「!」や「?」をご案内します!
どちらも気軽に体験出来るミニツアーです

・ムーンライトハイキング    (3/2、3、4、5、6)(一人3000円)




二月の連休(2/11〜12)清里駅前では
〜清里氷祭り〜Pure World 2007が開催されます
氷の彫刻が歩道に並び普段は寂しい冬の清里駅前は華やかなひととき
今年のご案内はこちらから

昨年の模様のスライドショーをご覧戴けます(綺麗ですよ)



そして家族皆で楽しめる清里ウィンターワールド2007
 2007年1月20日(土)〜2月18日(日)
今年も「富士山に向って100m滑れるそりゲレンデ」に挑戦しよう!
他にも雪の迷路、雪だるま広場、雪遊び広場、
クロスカントリースキーコースなど、いつでも楽しめて入場無料!
お問い合せ:清泉寮(0551-48-2111)


この期間清里周辺の飲食施設では「寒いほどお得フェアー」
を開催しています。朝10時の気温が5度以下なら30%Offなどお得です
 2007年1月20日(土)〜2月18日(日)



今年度、八ケ岳自然ふれあいセンターで開かれている
星野道夫メモリアルイヤーイベントも期間残りわずかとなりました
「私のブックマーク」星野道夫さんの本をテーマとした読書茶話会もあと
2/21と3/17(予定)の二回を残すだけとなりました

・2月21日(水)  19:30〜21:30  「ノーザンライツ」    
・3月17日 (土)(予定) 時間未定  「星野道夫と見た風景」

最終会の3/17(予定)は最終会らしく
スペシャルゲストがいらっしゃるかも・・・
なので当宿はこの3/17(土)は読書茶話会に参加する方のみの
スペシャルナイトとしてご予約を承らせていただきます






【 2007年1月12日(金) 】

暖冬気味だった清里にもしっかりと雪が積もりました
一月六日から七日にかけてあわせて25cmほど積もり
グーテライゼの杜は真っ白です
その後気温も低い為雪はなかなか融けず
当分の間白い世界の中です





【 2007年1月2日(火) 】

新年あけましておめでとうございます

グーテライゼ!待望の和室の改装工事が終了しました。
壁から天井全て作り直し
相変わらずの無垢の木、自ら塗った珪藻土の壁に加え、
真新しい断熱入り畳、床下の断熱補強、ガラス窓の断熱強化と
宿の中で最も暖かい部屋になったようです。
布団も新しく羊毛敷き布団
グースダウン100%羽毛掛け布団が入荷
旅人の五感に心地よい和室になりました。
もう間もなく旅人の皆様にご案内出来るように
準備を進めてまいりますのでご期待下さい。

清里は冬本番になってきましたが
1月20日から2月18日まで
清里ウィンターワールド2007が清泉寮で行われます。

清里観光振興会ホームページより

清里ウィンターワールド2007
2007年1月20日(土)〜2月18日(日)
今年も「富士山に向って100m滑れるそりゲレンデ」に挑戦しよう!
他にも雪の迷路、雪だるま広場、雪遊び広場
クロスカントリースキーコースなど
いつでも楽しめて入場無料!
お問い合せ:清泉寮(0551-48-2111)

そして朗報です、夏の間運行していた東京駅八重洲口〜清里直通
高速バスが春までの間運行されます
2007年2/17〜4/1の間運行、詳しくは山梨交通のホームページで
この季節自家用車での旅は道路が心配ですよね
このバスなら心配なく東京から清里迄楽々〜
丁度清里ウィンターワールド・寒いほどお得フェアーの最終週末が
この高速バスをご利用出来ます
勿論駅或いは清泉寮までの送迎をいたしますのでご安心下さい

メルマガ「清里の杜より」1/1号を発行いたしました
お時間がありましたらどうぞ訪れてみてください

新しい歳が皆様にとって幸せ一杯の歳であるように
また、清里にいらっしゃる旅人の皆様が
良い旅となりますようにお祈り申し上げます




【2006年11月23日(木)】

毎度毎度しつこくお知らせしてきたヒュッテ・グーテライゼ!登場番組
「好きなことならきっと」〜星野道夫 夢の力〜 
がいよいよ全国放送されることが早くも決定しました!

平成18年12月9日(土) 10:30a.m.〜11:00a.m.
NHK総合チャンネル「ネットワーク54」の枠の中で放送されます

※残念ながら東海・北陸地方など
一部放送されない地域があります
(愛知・静岡・岐阜・三重・石川・富山・福井・香川)

是非ご覧下さい



とうとう冬将軍が出陣してきました

先週11/12八ケ岳連峰の長野側で暴れていた雪雲が
清里高原側に乗り越えてきてこちらでも雪がぱらつきました
初雪です

11/18、19、こちらでは雨模様でしたが
雲が取れたら八ケ岳連峰最高峰赤岳は真っ白になってました

今日11/23の夜中は雨から雪へと変わる予報です
積もるほどでは無いかと思いますが・・・

清里の冬は気温は低くとも雪深くなることはありません
とは言っても清里の住人は11月末には冬用タイヤに履き替えます
主要道路は融雪剤が撒かれるので日中はノーマルタイヤで走れますが
枝道に入ると雪は融けずに凍っていることが多く万全の装備が必要です

しかし雪の季節は白銀の世界が広がり
空気は澄み山々は手に取るように近くに見えます
清里高原は厳しい季節になりますが
冬景色を楽しみに是非訪れてみて下さい



車で一時間の範囲に四つのスキー場があります
人工雪ですが標高は高いので寒い時期はパウダースノーが楽しめますよ
リフト券はスキーパック用にご用意してありますので
チェックイン前でしたら宿へお立ち寄り下さい。

スキーパックプランは近日中にお知らせできるように
情報を整理しています


今年のクリスマスはイヴが日曜日ですね
旅先でイヴ、というには休暇が取り難いかと思いますが・・・
例年イヴには清里聖アンデレ教会のイヴ礼拝が
夜九時から行われます(予定)
昨年のイヴ礼拝はマイナス13度の中
伝統的な畳敷きの礼拝堂は電灯が消され
満員の参列者が一人一人手に蝋燭を持ち
厳かに行われました
勿論信徒でなくても参加できますよ
凄い想い出になります

12/23(土)はあと一部屋ご予約を承れます
12/24(日)はまだ大丈夫ですが、お早めに


ヒュッテ・グーテライゼ!では12/29〜1/3の間
年末年始のスペシャルプランを
ご用意して皆様のお越しをお待ちいたしております
12/31、大みそかのご予約はお早めに



メルマガ「清里の杜より」11/22号を発行いたしました
お時間がありましたらどうぞ訪れてみてください




【2006年11月7日(火)】

清里高原の今年の秋も終演に近づいてきました

ヒュッテのダイニングルーム前のテラスは
すぐ前にそびえ立っている朴の木から落ちる長さ30cmの朴葉が
あっという間に埋め尽くしそれでも次から次へと落ちてきます
ばさばさ音を立てながら

紅葉のヒロインは毎週毎週役者が入れ替わり
落葉松(からまつ)が秋の演目・楽日を黄金色に飾る頃となり
冬将軍は幕間で出陣を今か今かと狙っています
暖かい日が続きましたが明日11/8朝は寒気がやって来るようなので
最低気温はやっと〇度近くになりそうです

グーテライゼ!の杜はミズナラなどは今週末くらいが黄葉の
ピークになるかな?
少し標高が高くなる、清泉寮あたりの木々はもう冬景色です
さらに上、標高1600m超のサンメドウズスキー場は
落葉松も落葉しグリーンシーズンの観光用に動いていたリフトも
冬支度の為11/5で一端営業を終わり
12/9に本来のスキー場としての営業が始まります
来週あたりにはお得なスキーパックの
お知らせができそうです

来週11/16(木)はボージョレーヌーボー解禁日です
ヒュッテ・グーテライゼ!では成城石井が厳選した
オリジナル・ボージョレーヌーボーを取り寄せ
旅人の皆様にお楽しみいただきます
(清里に到着するのは翌11/17になるかもしれませんが)

さて、ヒュッテ・グーテライゼ!が少し登場する予定の番組の
放映日が決まりました。
先にお知らせした予定では11/17(金)でしたが、一週間早くなり

2006年11月10日(金) 20:00〜20:30に放映されました

NHK総合チャンネルで放映されます
ただし・・・残念ながら山梨県限定放送なのです

早くも再放送が決まりました

2006年11月16日(木) 11:05〜11:35

しかし、やはり山梨限定放送です

全国版での再放送を期待しましょう

さて、メルマガ「清里の杜より」11/7号を発行いたしました
お時間がありましたらどうぞ訪れてみてください


《 十一月の清里の気候 》
 11月の清里は冬へと一気に向かってゆきます。昼の最高気温は18℃位、最低気温は下旬にマイナス7℃を記録したことがあるようです。やはり11月下旬はそのくらいの寒さ対策をなさって下さい。旅人の皆様のお部屋はFF式ファンヒーターと羽毛掛け布団をご用意しておりますのでぬくぬくと御やすみください。ダイニングルームには薪ストーブ、優しい暖かさの中でお食事を召し上がりいただきます。
 昨年の初積雪は12/4に20cmを記録しました。この時期の20cmはここ清里に永く暮らす方々もビックリの早さでした。しかし自然は侮れないので十一月の末になったら高原の住人達は車のタイヤをスタッドレスに履き替えます。




【2006年10月23日(月)】

八ケ岳南麓は紅葉真っ盛り
先週末の紅葉状況
標高1600m超のサンメドウズスキー場は
紅葉は終演、少し高い山の落葉松は黄金色に
紅葉と言えば八ケ岳高原道路の赤い橋「東沢橋

ここは絶妙の紅葉時期
さて我がグーテライゼ!の杜は、というと
夏が暑過ぎた昨年よりは綺麗な黄葉が始まっています

そんな中、清里高原は毎週収穫祭などお祭り続きです
10/14、15は清泉寮のカンティフェア
たくさんの方々が清里におこしになり
清泉寮前は大渋滞

一昨年、山梨県にここ清里がある北杜市が誕生
それを記念して八ケ岳横断道路のまきば公園で
冬の花火が十一月に行われました
二年目の昨年に続き本年も11/18(土)に行われます
会場のまきば公園迄行かなくても清泉寮駐車場のサブ会場で充分ご覧戴けます
ここからヒュッテ・グーテライゼ!は約4kmほどです
一度チェックインして花火をご覧頂き宿に戻って
薪ストーブが暖かいダイニングでゆっくりご夕食をどうぞ

昨年の11/19に行われた冬の花火をいくつかご紹介

さて、この冬の花火、昨年は零下四度のなか行われました
清里はこのころもう冬です、暖かい格好でおこし下さい

気になるNHKの取材は先日二回にわたって行われ
放送は11月二週目の金曜日11/10 夜20時からの
金曜山梨(残念ながら山梨県限定放映)で何分か
ヒュッテ・グーテライゼ!が紹介される予定です


《 十月の清里の気候 》

 夏の間雲やガスに隠れていることが多かった八ケ岳連峰も
秋から冬は浮かび上がるように目の前にその雄姿が迫ってきます。
青空もまるで真空の状態で宇宙を昼間見ているかのように真っ青です。
十月の気温は最高で22℃ほど、最低気温は下旬になると氷点下を記録したことがあるようです。
そこまでいかなくても最低気温は一桁台と思っていただき服装をお選び下さい。

【2006年10月6日(金)】

清里高原も冷たい雨が降り続いています
明日からの連休、沢山の方が旅に出られるので
せめて雨が降らぬように清里の地よりお祈りいたします
本当に雨の多い年ですね

冬遊び用のスノーシューを男性用女性用各一組購入いたしました
今年の冬は雪遊びが出来るくらいは雪が降って欲しいものです
雪が積もったらスノーシューで遊べる装備でおこし下さい

なんと近々ヒュッテ・グーテライゼ!へNHKの取材が来ることに!!
残念なことに山梨ローカル番組なので
放映されたとしても山梨県内でしか見ることができないのです・・・
さ、どんなことになるやら・・・

もうすぐ清里高原は薪ストーブの前から離れたくなくなる季節になります
これから薪集めの仕事も待っています
高原で遊べる日はイツになることやら・・・


【2006年10月2日(月)】

いつのまにか十月になっています。
今日は遅めの秋雨前線のせいで八ケ岳南麓も雨模様です

秋は忍び寄ってきますね。
十月は紅葉のシーズン
旅のご予定をお立ての方が多いようで
おかげさまで当宿も毎週土曜日はほぼご予約が埋まってしまっていますが
日曜の夜及び平日はまだ余裕です。
平日は人が少ない静かな高原の秋をお楽しみ戴けますよ〜

そこで平日限定スペシャルプランを二つご用意いたしました。

【平日限定;八ケ岳の湧水で育まれた大岩魚をメインに秋のお魚スペシャルプラン】
当日養殖場から直接特別仕入れする大岩魚をご賞味下さい。

【平日限定;秋の杜のきのこスペシャルプラン】
秋と言えば杜のきのこ
杜を知り尽くしている樵のおじちゃん達が採ってくる
杜のきのこをお楽しみ下さい
(特別料理になります)



10月14日(土)、15日(日)は清里清泉寮で

ポールラッシュ祭 〜八ヶ岳カンティフェア2006〜

が開かれます。清里高原秋たけなわの中行われる「収穫祭」です。
15日(日)はまだお部屋のご用意が可能です

また、八ケ岳自然ふれあいセンターで行われている
星野道夫写真展
は今年八月より全国を巡回しているなか
清里で開かれているものです。
規模は少し小さいですが何と言っても入場無料なこと
大混雑でないのでゆっくりと彼の写真に触れることが出来
なにより写真展から出ても清里の大自然の中です。
余韻に浸れます。
せっかく彼の優しい自然の世界に浸っていても
その後大都会のまっただ中に出てしまっては寂しいですもの、
ね。

 八ケ岳南麓清里高原の秋は長〜い期間楽しむことが出来ます。
標高1130mのヒュッテ・グーテライゼ!、清泉寮の北、サンメドウズスキー場は1700mほど。
その差5、600mもあります。
色づく樹樹によって早い樹は九月下旬からスキー場周辺では色づき始め、
遅い樹はグーテライゼ!の杜では十一月に入る頃まで紅葉を見ることができます。

【2006年9月23日(土)】

昨日は空気が澄んで八ケ岳連峰が浮かび上がるように
見えました

すっかり秋の高原の空気です

遅くなりましたが
ご予約と宿泊ご利用のご案内へ
のご案内内容を十月に合わせて更新いたしました



【2006年9月16日(土)】

清里は涼しさから寒さへと季節が移り変わってきました
今日の最低気温は11℃
清里へは暖かいお召し物でおこしください

さて、メルマガ「清里の杜より」9/15号を発行いたしました
お時間がありましたらどうぞ訪れてみてください



【2006年9月12日(火)】

今週は秋雨前線が停滞しているので清里高原も冷たい秋雨模様です
気象情報の気温以上に空気が冷たく感じます

さて、食欲の秋の到来です
ヒュッテ・グーテライゼ!のお食事をご紹介する頁をご用意いたしました
題して「美味しい頁」
へどうぞ訪れてみてください



【2006年8月29日(火)】

いよいよ八月も終わってしまいますね〜

今年の清里の夏は暑い日が多く風が動かないとエアコンが恋しくなったり
ひとたび雨が降るとかなりの雨量になったり
地元の方もちょっと変な夏だね、など話してくれます。

当宿の道路に面した所に植わっているナナカマドは
ちょっと見ぬうちに色づいていました。
朝晩の気温も八月の平均的気温ですが風は冷たく
秋の気配がひしひしと近づいています。


夏休み中更新が出来ませんでした。
やっと落ち着いてきたので一気にあちこち更新しました

1.ブログ「Gute Reise !」へ新しい記事を一気に載せました

2.メルマガ「清里の杜より」の再録頁を新設








【END】